2019-02-20公開

【初心者必見】初めてクレジットカードを持つ方へ!仕組みや選び方を丁寧に解説

【初心者必見】初めてクレジットカードを持つ方へ!仕組みや選び方を丁寧に解説
画像出典:fotolia

クレジットカードは支払いが便利になるだけでなく、会員限定のキャンペーンがあったり、分割払いに変更できたりと様々なメリットがあります。今回は初めてクレジットカードを持つ方へ、仕組みや選び方など初心者向けに丁寧に解説します。

更新日時:2019-09-30

クレジットカードとは

クレジットカードとは、買い物をする際にレジで店員さんに渡すと「後払い」ができるカードです。スーパーやコンビニのような身近なお店だけでなく、インターネットショッピングや公共料金の支払いにも使えます。

「credit」には、「信用貸し(貸し手が借り手を信用して、担保・保証なしでお金を貸すこと)」という意味があります。カード払いすると、一時的にカード会社が代金を立て替えてくれるため、利用者はすぐに現金を支払う必要がありません。後日、利用者の銀行口座からお金が引き落とされる仕組みになっています。

クレジットカードを持つためには審査に通る必要がありますが、「現金を持たなくてもいい」「高額な買い物がしやすい」「ポイントが貯まる」といったメリットから、積極的にクレジットカードを使う方も多くいます。一括払いであれば、手数料をかけずにクレジットカードを使うことも可能です。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードで買い物をした場合、お金の流れはどのようになっているのでしょうか。これから初めてクレジットカードを持とうと思っている初心者の方や、クレジットカードを持っているけど仕組みを知らないといった方にもわかりやすく解説します。

クレジットカード利用時のお金の流れの大枠は、次のようになっています。
・利用者がお店から商品を購入するとき、一時的にカード会社がお店に支払いを立て替える
・後から、利用者の銀行口座などからカード会社にお金が支払われる

利用者、お店(加盟店)、カード会社、それぞれの立場から、もう少し詳しく説明します。

利用者

クレジットカードを使って買い物をする利用者は、買い物の際に現金で支払う代わりにクレジットカードを使います。買い物をした分の支払いは後ほどカード会社から請求され、銀行口座引き落としなどによって支払いを行います。支払いの代金はその都度請求されることはなく、一定の締切日までに積算された額をまとめて支払う、というかたちが一般的です。

お店(加盟店)

クレジットカードでの買い物が行われたお店(加盟店)は、カード会社へその代金を請求します。この時、お店側はカード会社に対して所定の手数料を払うこととなります。手数料はカード会社から代金が振り込まれるタイミングで、差し引かれていることがほとんどです。

カード会社

カード会社は、お店へ代金を支払います。その際に所定の手数料を差し引いて支払うことで、カード会社の利益が生まれます。

それぞれのメリット

これらの3者には、それぞれクレジットカードを利用・導入することによるメリットがあります。まず、利用者はクレジットカードを使うことで便利に買い物ができます。次に、お店はカード決済に対応することで集客が望めますし、高額の買い物をしてもらいやすくなります。そして、カード会社はお店から手数料を徴収することで利益が生まれます。

このように、クレジットカードは3者にメリットがある仕組みとなっています。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの機能

次に、クレジットカードの主な機能について紹介します。

ショッピング機能

ショッピング機能とは、その名の通りショッピング(買い物)をするための機能です。クレジットカードにはあらかじめ「ショッピング枠」とよばれる限度額が定められており、その額内で買い物をすることができます。このショッピング機能はクレジットカードの1番特徴的なものであり、クレジットカードの加盟店であれば国内外を問わず利用することができます。

キャッシング機能

キャッシング機能とは、お金を借りられる機能です。定められた「キャッシング枠」の分をカード会社や提携銀行のATMから現金化することができます。ショッピング機能は、カード会社に立て替えてもらったお金を後日支払うというイメージになりますが、キャッシング機能はカード会社から現金を借りて支払いをする、というイメージです。

「現金での支払いが必要だが、手元に現金がない」という際に便利な機能といえるでしょう。キャッシングで借りたお金を返す時には所定の「利息」がかかります。

クレジットカードの機能

画像出典:fotolia

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードで買い物をした時の支払い方法は、大きく3つに分かれます。

一括払い

1番よく使われている支払い方法が「一括払い」です。仕組みはとてもシンプルで、クレジットカードで買い物をした分の金額を、翌月の所定の支払日に一括して支払うというものです。金額にかかわらず、まとめて払う仕組みで、手数料は一切かかりません

分割払い

次に「分割払い」ですが、こちらは買い物をした分の金額を分割して支払うというものです。分割回数は2回から36回までが多いですが、カード会社によっても異なってきます。

分割払いの場合、支払額に加えて手数料が発生します。2回払いの場合は手数料がかかりませんが、お店によっては2回払いができないところもあるため注意が必要です。3回以上の分割払いの場合は手数料がかかってきますので、例えば3万円の買い物を3回分割払いで行うと、支払総額は3万円以上になります。

3回以上の分割払いの場合は手数料が加算されますが、高額の買い物をするときには1回の支払い金額を下げることが出来る便利な方法です。

リボ払い

リボ払い(リボルビング払い)は、分割支払いとは異なり、毎月一定の金額を設定して支払う方法です。例えば、毎月の返済額を1万円に設定したリボ払いであれば、買い物をした金額にかかわらず返済額は常に1万円。10万円の買い物をしても、返済額を毎月1万円+手数料に抑えられます。

そのほか、残高スライドリボルビングという方法も多く採用されてきています。残高スライドリボルビングとは、借入残高によって毎月の最低返済額が決まる方式です。最低返済額以上であれば、お金に余裕があるときは返済額を増額することができますので、月々の収入や支出のバランスを見ながら、無理なく支払いができる方法です。

クレジットカードを使うメリット

クレジットカードを使うことで得られるメリットは、主に次の3つです。

キャッシュレス決済なので会計がスムーズに行える

まず、クレジットカードの1番の特徴であるキャッシュレス決済は大きなメリットとなります。お買い物のときにクレジットカードを提示すれば支払いができるため、多額の現金を持ち歩く必要がありません。高額の買い物をする時や、海外旅行の際に現金を持ち歩くのはちょっと気が引けますよね。そんな時にクレジットカードがあれば、会計もスムーズに行うことができ、安心してお買い物ができます。

利用することでポイントが貯まる

各種カード会社は、クレジット決済を利用することでポイントが貯まるシステムを取り入れています。ポイントの還元率や計算方法はカード会社によって異なりますが、貯まったポイントは商品と交換したり、商品券や現金として利用することができるというメリットがあります。日々のお買い物だけでなく、毎月必ず支払いが発生する公共料金などをクレジット決済にすれば、確実にポイントが貯まり、とてもお得になるでしょう。現金払いでは得られないメリットを享受することができます。

クレジットカードごとに様々な特典がある

クレジットカードを持っていることで、受けられるサービスがあるというのもメリットのひとつです。空港のラウンジなど、クレジットカードを提示すれば利用できる施設がその一例にあたります。他にも、カード会員限定のキャンペーンやお買い物といったお得な特典があります。

クレジットカードを使うときの注意点

メリットが多く便利なクレジットカードですが、注意しておきたいポイントもあります。

使い過ぎに注意!

まず、何よりも気をつけたいのが、クレジットカードを使い過ぎてしまうことです。クレジットカードでの支払いは現金のやり取りが発生しないため、実際に自分が使った金額を把握しにくく、使い過ぎてしまって後日の請求時に困る…ということが起こりかねません。

計画的に利用できるよう、初心者のうちはクレジットカードを使った分をメモしたり、カード会社の会員専用サイトなどで利用額をチェックすることがコツです。請求額をしっかりと管理するように気をつけましょう。初めてのクレジットカードで浮かれすぎないようにご注意ください。

クレジットカードの限度額をあらかじめ知っておこう

クレジットカードにはそれぞれ「限度額」が定められています。この限度額は、カード会社が利用者の年収や支払い能力などを審査して設定されるものです。限度額を越えると、クレジットカードは利用できなくなります。利用金額分をカード会社に支払うことでまた限度額まで利用できるようになります。

クレジットカードのステータスとは?

クレジットカードには「ステータス」があります。

ステータスはクレジットカードの格付け

ステータスとは、クレジットカードの格付けのようなものです。クレジットカードを利用するための会費がかからないものや、会費が低額のクレジットカードは「一般カード」と呼ばれます。それに対して年会費が高額であったり、カードの申し込み時の入会の条件が厳しいものは「ステータスの高いクレジットカード」とされています。

ステータスの種類

ステータスの種類には、ゴールドカードやプレミアムカード、ブラックカード、プラチナカードといったものがあり、それぞれの呼び名がそのままクレジットカードの色を表していることが多いです。

ステータスの高いカードを持つには

ゴールドカードは、カード入会の申し込みを行って審査に通過すれば持つことができますが、プラチナカードより上のクレジットカードは招待制のケースが多くなっています。特に、ブラックカードやプラチナカードは日本国内では一部のカード会社でしか発行されていません。そのため、ごくわずかな限られた人しか持つことができない、最上級のクレジットカードだといえます。

ステータスの高いカードのメリット

カード会社によって多少異なりますが、例えばゴールドカード会員の場合は旅行傷害保険や、空港ラウンジが利用できたりレストランでの優待が受けられたりなどサービスが「一般カード」よりも充実しています。また、クレジットカードのステータスが上がるにつれて、特典もより豪華になります。

クレジットカードの選び方

それでは、クレジットカードをこれから持とうと思っている方のために、選び方のポイントを何点かご紹介します。

年会費をチェック

近年では、年会費がかからないクレジットカードが充実しています。初心者の方はまず、年会費無料のクレジットカードをチェックしてみましょう。
そのうえで、より充実したサービスを求める方は年会費のかかるクレジットカードをおすすめします。年会費がかかるクレジットカードはその分、優待特典や各種サービスが充実しています。

ポイント還元率をチェック

「クレジットカードを使ってポイントをどんどん貯めたい!」という方は、カード会社ごとのポイント還元率や付与率をチェックしてみましょう。還元率と付与率が高ければ高い方が、ポイントは貯まりやすくなる傾向があります。

ただ、ポイント還元率が高いカードは「年会費がかかるかどうか」を考慮する必要があります。たくさんポイントを獲得できたとしても、年会費の分を差し引くとあまり貯まらなかった…ということでは元も子もありません。できれば、年会費がかからずポイント還元率が高いクレジットカードを選びたいものです。

自分の利用スタイルに合わせてチェック

カード会社によって様々な特典があるため、自分にとって役立つと感じるサービスがあるかどうかをチェックすることも大切なポイントです。

例えば、カード会社と特定の企業が提携しているクレジットカードであれば、その系列のお店での利用時に優待や割引サービスを受けることができます。普段からよく利用するお店と相性のいいクレジットカードを持っておくと、断然お得になります。

また、航空会社と提携しているクレジットカードであれば、貯まったポイントを飛行機のマイルに交換することができます。マイルを貯めると、座席のアップグレードができたり、航空券が無料になったりします。旅行のためにマイルを貯めたいという方は、提携しているクレジットカードをチェックしてみてください。

自分に合ったクレジットカードを選んで快適なクレジットカードライフデビューを果たそう!

クレジットカードの基本的な仕組みから、初めてクレジットカードを持とうと思っている方のためのアドバイスをご紹介しました。クレジットカードは、1度使えばその便利さに驚くことでしょう。自分に合ったクレジットカードを選んで、快適なクレジットカードライフを楽しんでみてくださいね。

この記事を書いた人yeah.peach

元金融系SE。現在はフリーランスとして、Webライティング、Webディレクター業務、受託開発、などで生計を立てている。主な執筆ジャンルはIT(プログラミング、IT転職、受託案件)、金融(投資、税金、クレジットカード、保険)など。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事