2019-02-20公開

海外旅行にクレジットカードを持っていく4つのメリット【現金よりお得】

海外旅行にクレジットカードを持っていくメリット|現金よりお得!
画像出典:fotolia

日常の様々な場面で便利なクレジットカードですが、海外旅行の際にも「お得な使い方」があるのをご存知でしょうか。今回は海外旅行中にクレジットカードを使うメリットについて、現金を使う場合と比較して解説していきます。

海外旅行でクレジットカードを使うメリットは?

海外旅行でクレジットカードを使う4つのメリットをご紹介します。

両替手数料がいらない

海外旅行先では、現地で買い物をしたり食事をしたりするときに、現金を出すなら「現地通貨」が必要です。現地通貨を用意するためには、事前に日本円からの両替が必要になりますが、両替には手数料がかかります。一方で、クレジットカードで支払う場合には両替の手数料はかかりません。クレジットカードも「海外利用手数料」はかかりますが、一般的に現金を両替するよりも安くなっています。
たとえば、一般的な国際ブランドのカード会社の支払いにかかる手数料は※1.60~1.63%程度です。しかし現地で両替するとなると、たとえばアメリカドルの場合、1ドルあたり3円程度の手数料がかかります。(※各クレジットカード会社により異なります。)

使いきれなかった場合、現地通貨を再び円に両替しなければならなくなり、さらに目減りしてしまうというデメリットもあります。クレジットカードをうまく活用すれば、「現地通貨を使いきれなかった」という心配や、再両替で損してしまう心配もありません。

多額の現金を持ち歩く必要がない

慣れない海外の旅行先で多額の現金を持ち歩くのは、盗難や紛失のリスクも高くなるので不安なもの。しかも両替の場所が少ない地域では、どうしても持ち歩く金額が多くなりがちです。そして万が一盗難の被害にあったとしても、現金では取り戻すことはほぼ不可能です。

しかし、クレジットカードがあれば、最低限必要な現金だけを持ち歩けばよいので、盗難や紛失のリスクは少なくなります。不正に利用された場合でも、さかのぼって補償を受けることが可能です。さらに、主要都市であれば、カードを紛失・盗難に遭った際に発行できる「緊急カード」サービスを提供している会社もありますので、事前に確認しておきましょう。

キャッシングを利用すれば現地通貨が引き出せる

クレジットカードを持っていれば、現金が必要になった場合でも、現地のATMでキャッシングを利用して現地通貨を手に入れることができます。

キャッシングを利用するには、金利やATM使用料も必要になりますが、一般的に海外で通貨を両替するよりも、トータルでかかるコストは低くなっています。また、両替所よりもATMの方が設置場所も多いため便利です。ATMによっては24時間利用でき、必要な時に必要なだけ現地通貨を引き出せます。

また、海外では不利なレートを提示する両替所もあります。クレジットカードで現地通貨を引き出せば、そのような悪質な両替所で損をすることも防げます。

クレジットカード付帯の保険がある

クレジットカードの中には、海外旅行時の保険が付帯しているものもあります。その場合、わざわざ別に旅行保険に加入する必要はありません。年会費無料のクレジットカードにも付帯しているものもあります。

ただし、クレジットカードの種類によっては、「旅行料金などをそのクレジットカードで支払っていること」という条件付きのもの(利用付帯)と、クレジットカードを持ってさえいれば自動的に保障の対象となるもの(自動付帯)があります。

また、保険の金額や受けられる補償内容はクレジットカードによって異なりますので、海外旅行をする際には所有しているクレジットカードの保険の付帯条件を確認しておきましょう。

海外保険サービスが充実!楽天カードに申し込む

海外旅行でクレジットカードを使うメリット

画像出典:Getty Images

海外旅行で現金を使うメリットは?

では、逆に海外旅行で現金を使うメリットはどこにあるのでしょうか?

チップの支払いに便利

海外ではサービスを受けたときにチップの支払いが必要です。日本ではあまり馴染みがありませんが、ホテルやタクシー、飲食店などではチップを渡すのが基本的なマナーです。

レストランなどでは、伝票にチップ分を書き加えることでクレジットカードでもチップを払うことができます。しかし、ホテルなどで荷物を運んで貰ったり、ベッドメイキングなどに渡す細かいチップについては、現金で行わなければなりません。タクシーの場合は、クレジットカードで支払う場合でも、チップ込みの支払いではなく、チップ分は別に現金で渡すほうがよいとされています。

このように、チップの支払いのためには、クレジットカードよりも現金の方が便利です。

どの店舗でも使える

海外でも主要施設ではクレジットカードが使用できます。しかし、個人経営の小さな店舗や都市部を離れた場合、クレジットカード支払いができない場合もあります。観光地として発展していない地域では、クレジットカードを利用できる場所はあまり多くありません。使える場所であっても、日本と違い使用できる国際ブランドが限定されているケースもあります。そのため、クレジットカードを持っていても、いざというときに支払いができない場合もあるのです。

現地通貨であれば、どの店舗でも確実に利用できます。海外旅行の醍醐味でもある、現地の人々に身近な市場や屋台を満喫するには、現金は必須です。よりアクティブに海外旅行を楽しみたい場合は、ある程度の現金を持っておくことをおすすめします。

海外旅行で現金を使うメリット

画像出典:fotolia

海外旅行にはメリット豊富なクレジットカードを持っていこう!

海外旅行では多額の現金を持っていると危険です。クレジットカードがあれば最小限の持ち歩きで済みますし、現金が必要になったときは、ATMのキャッシングで簡単に調達することができます。クレジットカードをまだお持ちでない方は、海外旅行をきっかけに、作ってみてはいかがでしょうか。また、クレジットカードも現金もそれぞれメリットがあるので、両方の特徴を生かして、スマートに海外旅行を楽しみましょう。

この記事を書いた人muse

フリーライター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士。
お金のお得な情報から、資産運用に関するコンテンツ、自身の経験を活かした投資や起業に関するコラムまで、幅広い執筆活動を行っています。福岡在住、ガジェット好き。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事