2019-04-08公開

クレジットカードのポイントのお得な貯め方!どんな商品と交換できる?

クレジットカードのポイントのお得な貯め方!どんな商品と交換できる?
画像出典:fotolia

クレジットカードを利用した際に貯まっていくポイント。使い方によっては、おすすめできないポイントの貯め方もあるので注意しましょう。今回はクレジットカードのポイントに関する注意点や、ポイントをお得に交換するコツを紹介します。

更新日時:2019-10-10

クレジットカード使用でポイントが貯まる!

クレジットカードには、利用金額に応じてポイントが貯まるサービスがあり、クレジットカードを使えば使うほどポイントが貯まっていきます。現金で支払うよりもクレジットカードがお得だといわれる理由のひとつは、このポイント制度があるためです。

クレジットカード利用で付与されたポイントを現金に換算した場合、利用額に対してどのくらいの割合となるのかを計算したものを「ポイント還元率」と言い、「ポイント還元率1%」などと表現されます。

ポイント還元率1%のクレジットカードを使って1,000円のお買い物をした場合、1%に当たる10ポイントが付与され、現金換算すると10円分になるということです。

しかし、ここで注意しておきたいのが、ポイント還元率のほかに「ポイント付与率」というものもあるということ。似ている言葉なのですが、意味の違いを意識する必要があります。

例えば、ポイント付与率1%のクレジットカードを使って1,000円のお買い物をした場合、付与されるポイントは10ポイント。一見するとポイント還元率1%の場合と同じように見えますが、ここで大切なのは、1ポイントが現金換算でいくらになるかという視点です。ポイント付与率の場合、1ポイントが1円分とは限りません。1ポイントが1円に換算されるのであれば、ポイント還元率にしても1%ということになりますが、1ポイントが0.5円に換算される場合、ポイント還元率は0.5%になるのです。

このようにポイントのお得さを比較するためには、ポイント付与率ではなくポイント還元率で判断することが大切になります。

ポイント還元率は、クレジットカードごとに異なっており、0.5%程度が標準的です。しかし、高還元率をうたうクレジットカードでは1.0%を超えるものもみられます。

0.5%~1%なら、大したことはないと感じるかもしれませんが、クレジットカードで支払いを行う頻度や金額、ポイント還元キャンペーン期間などに支払いのタイミングがちょうど当たったなどの条件によっては、「思った以上にポイントが貯まった」ということも珍しくはありません。普段ポイントを貯めることを意識していない人も、ぜひ利用明細などでポイント数を確認してみましょう。

クレジットカード使用でポイントが貯まる!

画像出典:fotolia

クレジットカードの利用で貯まる「1ポイント」の価値って?

ポイントが貯まっていることはわかっていても、それが何円相当であるかご存知でしょうか?

ポイントを現金換算で支払いに利用する場合は、1ポイントの価値は比較しやすくわかりやすいのですが、プレゼント交換で利用したり、カード発行会社のグループ内サービスで利用するとポイントの利用価値が上がるなどといった場合、1ポイントの価値を比較するのは、簡単ではありません。ほかにも、よく利用するサービスに対してポイント還元率が高いなど、利用する側の使い勝手によっても1ポイントの価値は変わると言ってもいいでしょう。

例えば、ポイントで交換できる商品の中に普段よく利用する商業施設で1,000円相当として使える金券があり、これが200ポイントで交換できる場合で考えてみましょう。この場合、1ポイントの価値は5円と考えられます。このカード会社のポイント付与率が0.5%だったら、200ポイントを貯めるためには4万円のカード利用があったということになります。金券で1,000円相当の還元を、そのまま1.000円と考えると、ポイント還元率は2.5%ということになり価値が高いといえます。ところが、高い還元率であってもこの金券を利用できる商業施設が近くにない人にとっては、価値としては低いと言わざるを得ません。

このように、クレジットカードのポイントを比較するときは、何ポイントつくかよりも、利用金額に対して、何円相当のポイント利用ができるのか、さらには自分にとって使い勝手がいいかという価値も併せて考えることが重要です。

クレジットカードで貯めたポイントを交換して手に入るもの

クレジットカードの利用で貯まったポイントは、現金に換算して支払いに利用できたり、ポイント数に応じた様々な品物やサービスに交換することができます。以下に例を紹介します。カード会社ごとに工夫を凝らした魅力的な交換先を取りそろえていますので、お手持ちのカード会社のウェブサイトなどでラインアップをチェックしてみてください。

インテリアや家電

インテリア小物やおしゃれなデザインの家電など、カード会社がセレクトしたこだわりの商品が交換商品のラインアップになっていることがあります。ちょうど買い替えたかったタイミングに、ポイント交換で手に入れられたらうれしいですよね。

食料品

こだわりの調味料や名産品、スイーツやブランド米など、普段使いには買わないけれどポイント交換なら味わってみたい、そんなグルメアイテムが取り揃えられていることがあります。ポイントを現金換算で使ってしまうよりも、大切な人と食卓を囲んでおいしいものを味わう商品に交換するほうが、ポイントを貯めるのが楽しみになるかもしれません。

ファッション小物、文房具、玩具など

傘や時計、バッグなど、カード会社がセレクトした洗練されたラインアップをポイント交換の品物として用意しているカード会社もあります。カード会社のキャラクターやロゴが入ったオリジナルデザインが並んでいることもあり、ポイント交換でしか手に入れられない商品に魅力を感じる人もいるかもしれません。

カタログギフト

ポイント数に応じたランクのカタログギフトが選べることもあります。直接商品を選ぶのではなく、たくさんの商品が並ぶカタログを眺めながら選ぶ楽しみが味わえます。

ギフト券やプリペイドカードなど

実質現金換算ともいえる交換方法です。配送が不要で受け取りまで時間がかからない、電子マネーやオンラインのギフトコードへの交換や航空会社のマイルへの交換ができることもあり、人気があります。

寄付など

ポイント交換後に残った半端のポイントや、獲得したポイント数では交換したい商品が無いなどの場合は、そのまま有効期限を迎えて無効にしてしまうのではなく、寄付や支援に交換するのもおすすめです。自分のお財布から寄付をする機会は普段はなかなか無いかもしれませんが、ポイントでなら、寄付へのハードルも下がるのではないでしょうか。

ちなみに、市販されている商品とポイントを交換する場合は、通常のルートで購入した場合いくら位するものなのか確認したうえで交換するようにしましょう。定価は高く設定されていても、実際の市場販売価格はもっと安いということもあるからです。

実際の交換手続きは、カード会員専用ウェブサイト上でするほか、郵送や電話での手続きができるカード会社もあります。交換商品のお届けは、カード会員本人の住所のほか、指定した送り先に配送することができるカード会社もありますので、離れて暮らす大切な人への贈りものとしてポイント交換を利用するのもいいかもしれません。

おすすめできないクレジットカードのポイントの貯め方

買い物をするお店によっては、提携クレジットカードで支払うほうが、ほかのクレジットカードで支払うよりポイント還元率が高いということはよくあります。だからといって、利用店舗ごとにクレジットカードを取り揃えてたくさん持つことは、一見上手にポイントを貯めているように見えて、実はおすすめできないクレジットカードのポイントの貯め方です。

理由としては、ポイントが複数のカードに分散してしまうことが挙げられます。クレジットカードごとにお得に貯められるお店で使ったほうが得とは言っても、ある程度まとまったポイント数になってこそ利用でき、利用して初めてお得になるものです。ポイント交換期限までに半端なポイントばかりがバラバラに貯まっていても、無駄になってしまいます。ですから、支払いに使うクレジットカードは還元率の高さや普段よく使うお店やサービスとの連携などを考えた上で2~3枚に厳選しましょう。

お店によっては、支払いは別のクレジットカードで行っても、提示するだけでお店のポイントが付くこともあります。こうしたポイント付与の条件をチェックしておくようにしましょう。

クレジットカードでポイントを貯めるうえでの注意点

ポイントを貯めるうえで最大の注意点は、ポイントに有効期限があるクレジットカードが多いという点です。

また、有効期限のルールも、カード会社によって様々です。年間に1回でも利用があれば、有効期限が延長されるものもあれば、クレジットカードを保有している限り期限が無いものや、1年程度で有効期限が来てしまうものもあります。

会員サイトなどでポイントの有効期限を必ずチェックし、ある程度貯まったらその都度利用するように心がけるなど、せっかく貯まったポイントを無駄にしないように注意しておきましょう。

クレジットカードを利用してポイントを貯めるなら!おすすめは楽天カード

ポイントを効率良く貯めて、お得なカードライフを送りたいという方のためにぜひおすすめしたいのが、楽天カードです。楽天カードは、ネットショッピングの楽天市場でのお買い物だけでなく、通信、金融、スポーツなど日々の様々なシーンでの支払いに利用しポイントを貯めることができます。また、楽天カード会員向けのアンケートへの回答や、楽天カードが会員向けにおすすめしている各種サービスへの申し込みなどでも、楽天スーパーポイントを貯めることができます。

また、楽天カードは基本のポイント還元率が1%と高めな上に、楽天グループの利用により還元率が上がったり、楽天スーパーポイントが何倍にもなるキャンペーンも頻繁に開催されていたりと、条件によっては実際の還元率が1%を超えるチャンスも多くなります。ポイントがたくさん貯まると評価の高いクレジットカードです。

楽天スーパーポイントのおすすめの使い方

楽天カードを利用して貯まった楽天スーパーポイントにはさまざまな使い方がありますが、その中でもおすすめの使い方をご紹介します。

電子マネーにチャージして使う

楽天スーパーポイントには、「通常ポイント」とキャンペーンなどでもらえる「期間限定ポイント」の2種類があります。クレジットカード利用でもらえるポイントは通常ポイントですので、電子マネー「楽天Edy」にチャージして買い物に使うことができます。チャージができるのは、通常ポイントのみとなっており、期間限定ポイントはチャージできません。チャージ先は、楽天カードに付帯している楽天Edyも利用できますし、すでに保有しているEdyカードやおサイフケータイの楽天Edyを選ぶこともできます。

楽天Edyは200円の利用ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント付きますので、ポイントを楽天Edyにチャージし、楽天Edyを使った分にもまたポイントが付くことになってさらにお得です。楽天Edyはコンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなど日常的に利用するお店で使えるので、無駄がなく支払いもスピーディーです。

ネットショッピングで使う

楽天市場では、ショッピングでの支払いの際に楽天スーパーポイントを使用することができます。楽天市場にはあらゆるジャンルの商品が揃っていますので、必要なものを見つけてからポイントを交換できる点がメリットです。なお、楽天市場でポイントを使う場合にも、ポイント利用分にポイントが付与されるのでさらにお得です。

また、楽天市場以外でも、楽天ブックスや楽天トラベルなどの楽天グループのネットショップやサービスの支払いでも楽天スーパーポイントで支払いができます。また、楽天IDを利用して支払いができる「楽天ペイ(オンライン決済)」に対応のネットショップでも、支払いにポイントを使うことができます。

楽天ペイでスマホ決済に利用

楽天がサービスを行っているスマホ決済「楽天ペイ(アプリ決済)」では、支払いにポイントを充当することができます。こちらは、通常ポイントのほか期間限定ポイントも対象です。期間限定ポイントが貯まっている場合には先に消化されるようになっていますので、より無駄なくポイントを使うことができます。

楽天Edyと同様に、楽天ペイもポイントで支払うごとに楽天スーパーポイントが付与されます。楽天ペイは全国のコンビニエンスストアやドラッグストアなど、使えるお店がたくさんあります。

楽天ポイントカードの加盟店で利用

楽天ポイントカードの機能を利用すれば、様々な楽天のサービスで貯まったポイントを利用することができ、マクドナルドやミスタードーナツでポイントが使えるのも魅力です。

楽天カードの支払いに利用する

楽天カードでは、通常ポイントをカードの支払代金に充てて利用することができます。

限定商品と交換する

楽天の公式キャラクター「お買いものパンダ」のHappyポイントグッズは、ポイント交換限定の商品です。文房具などの小物から、お買い物パンダ&小パンダのぬいぐるみセットなど、「ほしい!」と思わせるグッズが揃っています。

おすすめできないクレジットカードのポイントの使い方

ポイントはさまざまなものに交換することができますが、おすすめできない使い方もあります。それは、割高のものと交換してしまうことです。

特にネットショッピングの場合は、商品代金にプラスして送料がかかってしまう場合もあり、結果として割高になることも。自分の手元の現金を使うという意識でポイントを使うように心がけ、ポイントを無駄にしないようにしましょう。

クレジットカードでポイントを貯めたら、お得にポイントを交換しよう!

クレジットカードをよく利用している人は、知らず知らずのうちにポイントが貯まっています。せっかく貯まったポイントですので、有効期限内にできるだけお得に使いたいものです。ポイントを使うときは、価値が減ってしまわないように注意して使い方を検討しましょう。

この記事を書いた人まねーきねこ

不動産開発会社で営業を経験後、ハウスメーカーの設計部、商品開発部に勤務。結婚後はファイナンシャル・プランナー資格を取得。
子育て世代の家計や教育費の相談、親子で楽しみながら学べる金銭教育講座開催に力を入れている。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事