2019-04-15公開

大学生におすすめなクレジットカードの選び方!作るメリットや審査のポイントも

大学生におすすめなクレジットカードの選び方!作るメリットや審査のポイントも
画像出典:fotolia

入会金や年会費が無料のクレジットカードも多く、今は大学生でも負担なくクレジットカードを持てる時代です。今回は、学生がクレジットカードを持つメリットや注意点、学生におすすめのクレジットカードの選び方について解説します。

更新日時:2019-09-26

大学生でもクレジットカードは作れる!

クレジットカードは社会人になるまで必要ないと考えている人も多いかもしれませんが、大学生でも作ることができます。ネット通販を利用する際には何かと便利ですし、普段の買い物でも現金を出すより手っ取り早く、現金をおろして持ち歩く必要がない、といったメリットもあります。またクレジットカードを利用するとポイントが多く貯まるため、現金よりもお得です。

クレジットカードにも種類があり、特に学生におすすめのクレジットカード(学生カードなど)は入会金・年会費無料で使えるものもあり、特別お金が掛かることもありません。計画的に使用すれば、デメリットは少ないクレジットカードです。ぜひ学生のうちからクレジットカードに慣れておくことをおすすめします。

大学生向けクレジットカードとは

大学生向けのクレジットカードとは、入会にあたり、職業が学生であることや年齢の条件が設けられているクレジットカードのことをいいます。中には制限が設けられていないものもありますが、主に18歳~25歳くらいの若者に向けて作られているクレジットカードです。詳しくは後述しますが、28歳程度まで対象のクレジットカードもあります。

通常のクレジットカードは無収入だと申し込みが難しい場合もあるのですが、大学生向けクレジットカードならば、収入がなくとも基本的に申し込みができます。また、大学生向けクレジットカードは年会費無料、発行手数料無料というものが多いです。クレジットカードを持つのに負担が掛からないのもうれしいですね。

大学生向けクレジットカードとは

画像出典:fotolia

大学生向けのクレジットカード審査

大学生向けのクレジットカードの審査基準の詳細は、カード会社によって異なるうえに、公開はされていません。おおまかな基準としては「年収」や「過去の利用状況」などがあり、審査項目自体は大学生でも社会人でも同じです。しかし、大学生向けのクレジットカードの場合、そもそも学生を対象としていることから、収入がアルバイト代(少額)であっても無収入であっても申し込むことができます。

ただし、クレジットカードの作成にあたり、大学生であっても20歳未満の場合は親権者の同意が必要です。これについては学生専用のクレジットカードでもそれ以外のクレジットカードでも変わりません。20歳以上では、親権者の同意は不要です。

大学生向けクレジットカードの利用限度額は低い?

大学生向けクレジットカードは、利用限度額が低く設定されています。具体的には、10~30万円程度になっていることが多いです。社会人に比べると大学生は収入が少ないため、利用限度額を高く設定すると返済しきれない可能性が高くなってしまうことによるものです。

特に初めて持ったクレジットカードだと使い慣れていないため、使い過ぎて「気づいたら返済できないほど使ってしまっていた」ということもあるかもしれません。このような事態を防ぐために、利用限度額が低くなっています。

大学生がクレジットカードを使うメリット・デメリット

メリット

・クレジットカードはいろいろな場所で使える
クレジットカードは街中のお店だけでなく、ネットショッピングや海外旅行・海外留学などで使えます。ネット通販が主流となった現代では、代引きやコンビニエンスストア、銀行振込を買い物のたびに行うのは不便です。クレジットカードがあれば、ネット上で支払いが完結できるので、さらにネット通販が便利になります。

・現金より安全性が高い場合も
海外では、現金よりもクレジットカードを持ち歩くほうが安全だと言われています。大学生は留学や卒業旅行などで海外へ行く機会があるため、クレジットカードは持っていると便利なアイテムといえるでしょう。現金だとATMからおろして持ち歩く必要があり、紛失や盗難に遭ったら戻ってこない可能性が高いですが、クレジットカードの場合は紛失や盗難に遭ったらすぐに利用を止めることで、不正利用を防止できます。万が一不正利用された場合も、補償が付いています。不正利用が認められれば、お金が戻ってきます。

・限度額が低い分使いすぎる心配がない
社会人になって初めてクレジットカードを持った場合、使えるお金が急に増えるので、限度額いっぱいまで全部使ってしまった、というケースも多いようです。その点、大学生向けクレジットカードは限度額が低く設定されているため、管理も難しくないでしょう。大学生のうちからクレジットカードに慣れておきたいですね。

・ポイントを貯めて節約できる
さらにポイントを貯めて、節約できるというメリットもあります。例えば楽天カードはポイント還元率が1%なので、100円分使用するごとに1ポイント貯まります。貯まったポイントは1ポイント1円分として、ドラッグストアや楽天市場でも使えるので、楽天スーパーポイントで日用品を購入すれば節約につながります。もちろん日用品を楽天市場で買うだけでなく、楽天ポイントカードや楽天ペイの加盟店であれば、飲食店やショッピングモールでも使用できます。例え例えば外食の際、楽天スーパーポイントで支払えば、本来現金で支払うはずだった分がポイントで代用でき、食費の節約になります。

ここで紹介した楽天カードでは、楽天のスーパーポイントアッププログラム(SPU)、毎月5と0のつく日は楽天市場でのお買い物がポイント5倍など、様々なイベント(キャンペーン)が用意されています。期間に関わらず、常時お得なイベント(キャンペーン)が開催されていますので、これらを上手に活用することもクレジットカードを賢く使うコツです。

デメリット

・つい使いすぎてしまう
クレジットカードのデメリットとしては「手軽に使えてしまう」「人によってはお金を使っている感覚がない」「年会費が発生する可能性がある」ということが挙げられます。結果的にお金を使いすぎてしまったり、少ないですが年会費分お金が減ってしまったりするかもしれません。また、分割払い・リボ払いを選択したときは手数料もかかります。クレジットカードは手元の現金を使わず支払いができますが、その便利さが使い過ぎてしまうというデメリットにならないよう、自制心を持って使用することが大切です。

・年会費が掛かるクレジットカードもある
学生向けのクレジットカードでも年会費が発生するものがあり、相場としては1,000円~数千円程度です。年単位で考えるとそれほど高くありませんが、年会費が掛からないに越したことはないでしょう。

年会費が掛かるクレジットカードには、年会費が掛かる分何かしらのメリットが設けられています。このメリットを活かしきれるのならば年会費を支払う価値がありますが、例えば「そもそも飛行機に乗る機会がないのに、空港ラウンジが無料で使える年会費有料のクレジットカードを持っている」というのはあまり意味がありません。むしろ年会費が掛かる分、損していると言えるでしょう。

特に必要なオプションがないのであれば、あえて年会費有料のクレジットカードを選択する必要はないので、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

大学生におすすめするクレジットカードの選び方

学生がクレジットカードを持つメリットなどについて解説しましたが、何を基準にクレジットカードを選べば良いのか?という疑問が残っているでしょう。そこで、学生がクレジットカードを選ぶ際に重要な基準を紹介します。

何にクレジットカードをよく使うか考える

ポイント還元率がお得なクレジットカードが良い、特典が充実したクレジットカードが良い、などいろいろなことが言われますが、結局のところ「何に(どこで)使ったらポイントが貯まるのか」「何の特典が充実しているのか」が重要です。たとえポイントや特典のメリットがあっても、自分があまり使わないサービスでのポイント優遇、特典だと意味がありません。

ポイントや特典のためにクレジットカードを使うのは本末転倒なので、自分にとって必要なことに使った結果、ポイントや特典でメリットがあるのが理想的です。具体的に学生がクレジットカードを利用するシーンとしては、コンビニエンスストア、飲食店、ファッション、娯楽、ネットショッピング、海外旅行・留学、電気・ガス・水道の支払いなどが多いのではないでしょうか。もちろん人によっては、楽器、スポーツ用品、ゲームなど趣味要素の強いものにお金を使っているかもしれません。

いずれにしても、このように「自分が何にクレジットカードを使うのか」を先に考え、その使い道に対してどのくらいポイントがもらえるのか、どのような特典が付くのか、といった観点で考えるのがおすすめです。

特典に注目する

上記で説明した通り、いくら特典が充実していても、自分がその特典を利用しなければお得にはなりません。特典が充実している分、年会費が有料等のデメリットがあるのなら、使わない特典の付いたクレジットカードはむしろ損になる可能性もあるでしょう。しかし、現状使っていないようなサービスであっても、特典を見て「こんな便利な特典があるなら使ってみたい」と思う可能性もあります。

例えば、今まであまりネットショッピングを利用していなかった方が、「これだけポイントがお得になるなら時間の節約も兼ねてネットショッピングを始めようかな」と思うかもしれません。他には、旅行の付帯保険が充実しているクレジットカードもあります。今まであまり旅行などに行っていなかった方が、「クレジットカードを持つ機会に、せっかくだから学生のうちに旅行をしておこう」と思う可能性もあるでしょう。

基本的には上で説明した通り、自分がよく使うサービス基準でクレジットカードを選ぶのがベストで、特典があるからと言って無理に使っても出費が増えます。しかし、クレジットカードの特典を知ることで生活スタイルなどが変わる可能性もあるので、メリットの大きい特典をリサーチし、それを基準に選ぶのもひとつの選択肢です。

年会費でクレジットカードを絞る

年会費無料を絶対的におすすめするわけではありませんが、無駄に年会費を支払う必要はないでしょう。少額とはいえお金が掛かるからです。年会費有料のクレジットカードを選ぶのであれば、年会費を支払うだけのメリットが得られる場合のみにしたほうがよいです。また、学生の場合は節約している方もいると思うので、クレジットカードの利用額も平均的には少ないかと思います。クレジットカードの利用額が少なければ少ないほど利用額に占める年会費の割合が大きくなり、また特典やポイントを得る機会も減るため、年会費のメリットが薄れます。

つまり、学生がクレジットカードを作るのであれば、特別な理由がない限り年会費無料のものを選択した方がトータルでお得なケースが多いはずです。

手続きカンタン!楽天カードに申し込む

大学生には楽天カードがおすすめ!

画像出典:fotolia

大学生には楽天カードがおすすめ!

楽天カードは年会費永年無料ながら、ポイント還元率の高さやセキュリティや保険が充実しているという点で、大学生にもおすすめのクレジットカードです。

楽天カードはポイント還元率が高い

楽天カードでは、クレジットカード100円ごとの利用につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。通常のポイント還元率が1%で、利用する場所によってはさらに獲得できるポイントが増えるのでお得です。

楽天市場ならさらにポイントがお得に

楽天市場を利用する大学生も多いのではないでしょうか。楽天市場で楽天カードを使用すると、ポイントが最大3倍になります。楽天市場では日用品、食べ物、趣味に関する商品、ファッション用品などほとんどのものが手に入ります。今まで別の通販サイトや実店舗で購入することが多かった方も、楽天カードを手にしたことをきっかけに、楽天市場を使うのもおすすめです。

楽天カードとあわせて使えるサービスがある

また、楽天ペイや楽天Edy、楽天ポイントカードなど、クレジットカードとあわせて使える関連サービスが充実しているので、支払い方法の幅が広がるという点も便利です。

楽天カードには海外旅行傷害保険がついている

楽天カードなら最高で2,000万円の海外旅行傷害保険がついています。海外旅行や留学へ行くときにも安心ですね。

学生には楽天カード アカデミーがおすすめ

楽天カードは学生向けに「楽天カード アカデミー」というクレジットカードも発行しています。楽天カード アカデミーには、「年会費無料」「更新手続き不要」「楽天グループサービスでポイントアップ」「学割特典555ポイント」などのメリットがあります。利用可能額は最高30万円なので、おそらく金額が足りない、ということはないでしょう。

楽天カード アカデミーは、18歳~28歳の学生の方のみという条件が設けられており、高校生は作ることができません。カード発行後に学校を卒業したり、年齢の条件を満たさなくなったら、自動的に楽天カードに切り替わるため、安心して使い続けることが可能です。

せっかく作るなら大学生にとってメリットの多いクレジットカードを

学生がクレジットカードを作るなら、学生向けのクレジットカードの方がお得だと言えます。「年会費無料」「ポイントがお得」「特典もある」といった条件を加味すると、楽天カード アカデミーがおすすめです。ただし一人ひとりクレジットカードの用途は異なると思いますので、自分にとってもっともメリットの大きいクレジットカードを申し込むのが最適です。

この記事を書いた人yeah.peach

元金融系SE。現在はフリーランスとして、Webライティング、Webディレクター業務、受託開発、などで生計を立てている。主な執筆ジャンルはIT(プログラミング、IT転職、受託案件)、金融(投資、税金、クレジットカード、保険)など。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事