2019-05-13公開

クレジットカードの暗証番号の変更方法とは?注意点もあわせて解説!

クレジットカードの暗証番号って変更できるの?注意点も確認して!
画像出典:fotolia

クレジットカードを使う上で大切な暗証番号。セキリュティにも大きく関わってくる部分なので、「暗証番号を変更したい」という場合もあるでしょう。今回は、クレジットカードの暗証番号の変更方法や、変更時の注意点を解説します。また楽天カードの場合の具体的な暗証番号の変更方法についてもご紹介しています。

クレジットカードの暗証番号が必要な時って?

クレジットカードを利用する際に、暗証番号の入力は様々な場所で要求されます。例えば、クレジットカードのキャッシングやローンを利用する場合にATMで暗証番号の入力を求められます。また、クレジットカードを利用して買い物をする場合にも、レジで暗証番号の入力が必要になる場合があります。

暗証番号の入力は、クレジットカードの利用者が本人であることの確認となるため、大切なものです。他の人に知られないよう、しっかり管理しておきましょう。

クレジットカードの暗証番号が必要なとき

画像出典:fotolia

クレジットカードの暗証番号は変更できる!

暗証番号の変更は、カード会社に関係なくどのクレジットカードでも可能です。変更に関する回数の制限などは特にないため、暗証番号を変えたくなったらいつでも変更することができます。ただし、暗証番号の変更方法は各カード会社によって異なるため、変更する場合は事前に契約しているカード会社の暗証番号変更方法を調べておきましょう。

また、暗証番号の変更にかかる期間は持っているクレジットカードの種類によって異なります。磁気が内蔵されているタイプのクレジットカードは、暗証番号の変更が簡単で、ATMで手続きを行えばすぐに変更が完了します。

それに比べて時間がかかるのが、ICチップ内蔵型のクレジットカードです。ICチップ内蔵型のクレジットカードは、暗証番号のデータがICチップ内に保存されているため、暗証番号を変更する場合は一部を除きICチップごと交換しなければいけません。新しいクレジットカードが手元に届くまでに7~9日ほどかかります。

銀行系カードも同様に、クレジットカード機能とキャッシュカード機能が一緒になっているため、暗証番号の変更にはクレジットカードの再発行が必要です。早ければ2週間、遅ければ1カ月ほどかかるでしょう。

クレジットカードの暗証番号の変更方法

クレジットカード会社に依頼する

暗証番号の変更方法には、大きく分けて2つあります。まず1つがカード会社に依頼するケースです。ICチップ内蔵型のクレジットカードは、ICチップを交換しなければならないため、基本的にカード会社に依頼することになります。なお、カード会社によっては所定の再発行手数料がかかる場合があります。

クレジットカード会社に依頼する

画像出典:PIXTA

申請方法は、インターネットや書類での郵送などで依頼を行います。インターネットですと簡単に申請ができ、時間もかからないので急いでいる人におすすめです。手続き完了後にクレジットカードが再発行され発送、7~9日前後で申込者の自宅に届きます。

ATMに行って自分で変更する

もう1つが、提携先のATMで暗証番号を変更する方法です。磁気タイプや一部のICチップ内蔵型のクレジットカードでは、ATMで暗証番号を変更することができます。

ATMに行って自分で変更する

画像出典:PIXTA

変更方法は簡単で、一般的に以下の手順で行えます。

1.暗証番号を変更したいカード会社の提携先ATMにクレジットカードを挿入
2.操作画面の「暗証番号変更」を選ぶ
3.現在の暗証番号を入力
4.変更したい暗証番号を入力
5.手続き完了

手続きが完了すると、すぐに新しい暗証番号が反映されます。再発行のように、時間や手数料がかからないので便利です。

クレジットカードの暗証番号変更方法【楽天カードの場合】

楽天カードの暗証番号変更は、カードの再発行が必要となります。再発行するには、楽天カード株式会社へ暗証番号変更の申請書を提出する必要があります。

申請書の取得方法からカード再発行までは下記の流れとなります。

クレジットカードの暗証番号変更方法【楽天カードの場合】

1.楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」へログインする

2.メニューの「お客様サポート」の中にある「カードの作り直し」を選択する

3.申請理由から「ICチップ付きカードの暗証番号変更」を選択

4.画面の指示にしたがい申請書を請求する

5.申請書が到着したら必要事項を記入のうえ、楽天カード株式会社に送付



申請書が到着したら不備がないか確認が行われ、問題がなければクレジットカードの再発行がされます。2週間ほどで申込者の自宅に届きます。

手続きカンタン!楽天カードに申し込む

クレジットカードの暗証番号を変更するときの注意点

暗証番号を変更する際に気をつけなければならないのが、わかりやすい暗証番号にしないことです。わかりやすい暗証番号にしてしまうと、不正に利用される恐れがあります。例えば、自分の生年月日や誕生日、電話番号などは、不正に利用されるリスクが高いです。

クレジットカードの暗証番号を変更するときの注意点

画像出典:PIXTA

そのため、自分にしかわからない暗証番号、例えば趣味や好きな人に関係する番号などにすることで、クレジットカードを紛失しても不正に利用されるリスクを低くできます。さらに念を入れ、暗証番号は定期的に変更することをおすすめします。理想は1年に1回は変えたほうがよいでしょう。

クレジットカードの暗証番号の管理は万全に!

クレジットカードは手軽に使えとても便利なものですが、万が一に備えて暗証番号の管理はしっかり行ってください。安全にクレジットカードをご利用いただくために、生年月日や電話番号、0000、9999を除く類推されにくい数字を登録しておきましょう。

この記事を書いた人トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事