2019-06-12公開

公共料金をコンビニで支払う時にクレジットカードは使える?カード払いしたい時は?

公共料金をコンビニで支払う時にクレジットカードは使える?
画像出典:fotolia

コンビニでの買い物は問題なくクレジットカードが使えますが、公共料金を支払う際にもカード払いができたら便利ですよね。今回は公共料金の支払いにクレジットカードは使えるのか、カード払いをしたい時はどうすべきかを解説します。

公共料金の支払い方法は3種類

公共料金の支払い方法には、「口座振替」「振込用紙での支払い」「カード払い」の3種類があります。

口座振替での支払い

口座振替は口座から自動的に料金が引き落とされる支払い方法です。最初に口座振替の手続きをすれば、後は自動で引き落とされます。公共料金によっては、口座振替割引サービスが適用されるケースもある点がメリットです。

コンビニなどで振込用紙での支払い

振込用紙での支払いは、自宅などに郵送されてくる振込用紙を持って、コンビニ、銀行、郵便局などで現金払いする方法です。口座振替の手続きは不要ですが、毎回の支払いは自分で行う必要があるため、面倒だったり忘れてしまったりすることがあるかもしれません。

クレジットカードでの支払い

クレジットカードによる支払いは、毎月の公共料金の支払い日に自動的にクレジットカードで料金の支払いが行われます。口座振替のような割引の適用はありませんが、クレジットカードのポイントが貯まるという点がメリットです。また、クレジットカードの明細で他の支出と一緒に金額が確認できるため、家計管理が楽になるというメリットもあります。

公共料金の支払い方法は3種類

画像出典:fotolia

コンビニなどでの振込用紙を使った支払いには、クレジットカードはほとんど使えない!

コンビニでの買い物にはクレジットカードが使えますので、振込用紙で公共料金を支払う際にもクレジットカードが使えないだろうかと疑問に思った人もいるでしょう。しかし、クレジットカードは振込用紙での支払いには原則使えず、基本的に現金払いのみとなります。

コンビニによっては、例外的に自社の関連会社が発行しているクレジットカードのみ、公共料金の振込用紙も支払い可能としているケースがごく一部あります。そのようなクレジットカードとコンビニを選択すれば、カード払いも可能です。

また、コンビニで公共料金を支払う際にクレジットカードを利用する方法はもう1つあります。間接的ではありますが、公共料金の支払いが可能な電子マネーにクレジットカードでチャージを行い、支払いに利用するという方法です。ただし、こちらも利用できるコンビニや電子マネーは限定されるうえ、クレジットカードのメリットであるポイント付与の対象外とされるケースや、付与率が下がるケースもありますので、お得とはいえません。

このように、振込用紙による支払いにクレジットカードを使う方法もあるものの、条件は非常に限られますし、手間もかかります。あくまでも、普段から対象となるクレジットカードやコンビニを利用している人のみ、運よく使える方法だと考えましょう。

公共料金はクレジットカードでの支払いがお得!

公共料金をコンビニで振込用紙にて支払う際にクレジットカードを使えるか、という観点で解説してきました。しかし、そもそも振込用紙で支払うこと自体にあまりメリットがありません。しいていえば、支払い方法を口座振替やカード払いに切り替える手間がかからないことくらいでしょう。

しかし、その一回の手続きを避けるためだけに、長期的に振込用紙を使ってコンビニへ支払いに行くのはかえって時間や手間がかかります。クレジットカードで公共料金を支払いたいのであれば、支払い方法をカード払いに切り替えましょう。切り替えの方法は簡単です。公共料金のWebサイトの会員ページから手続きを行うか、お客様センターに問い合わせをして支払い方法の変更用紙を送ってもらい、必要事項を記入して返送すれば変更手続きができます。変更に際して、費用はかかりません。

一度支払い方法をカード払いに変更しておけば、後は自動的に支払いが行われるため、コンビニに毎月支払いに行く手間も省けます。もちろん、支払い忘れもなくなります。

また、カード払いなら、利用金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まってお得です。楽天カードなら、公共料金の支払いでも100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。また、カード払いが利用できる公共料金は、楽天e-NAVIから各社のカード払いの申し込み方法が確認できます。もしくは、直接楽天e-NAVI上で変更手続きができますので、確認してみましょう。

ポイントがざくざく貯まる!楽天カードに申し込む

公共料金のコンビニ支払いは、クレジットカードではなく現金で!

公共料金をコンビニ支払いする場合、基本的に支払いにクレジットカードは利用できず、現金払いとなります。特定のコンビニに限り、自社発行のクレジットカードや電子マネーを利用して支払うこともできますが、条件は限られ、すぐに誰でも利用できるというものではありません。

少しでも公共料金の支払いをお得にするために、クレジットカードを利用したいとお考えの人もいるでしょう。それなら、コンビニ払いをクレジットカードで支払う方法を知るよりも、支払い方法そのものをカード払いに変更することをおすすめします。変更の手続きも簡単ですので、この機会にカード払いに切り替えてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人yeah.peach

元金融系SE。現在はフリーランスとして、Webライティング、Webディレクター業務、受託開発、などで生計を立てている。主な執筆ジャンルはIT(プログラミング、IT転職、受託案件)、金融(投資、税金、クレジットカード、保険)など。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事