2019-06-25公開

一人暮らしはお金がかかる!クレジットカードを活用した節約術とは?

一人暮らしはお金がかかる!クレジットカードを活用した節約術とは?
画像出典:fotolia

一人暮らしは想像以上にお金がかかります。しかし、クレジットカードを活用することでお得に節約することも可能ですよ。今回は、一人暮らしに必要になる一般的な費用を解説しながら、クレジットカードを利用した節約術を紹介します。

一人暮らしを始めるのにどのくらいお金がかかるの?

引越し費用

一人暮らしの引越し費用について、地域や間取り、築年数にもよって異なるため一概にいくらとは言えませんが、おおよそ家賃の4.5〜5.5カ月分と言われています。

内訳としては、
・敷金:家賃の1カ月分
・礼金:家賃の1カ月分
・仲介手数料:家賃の1カ月分
・前家賃:1カ月分
・火災保険:1万5千円ほど
が一般的にかかる費用です。

その他にも、引越し業者を利用する場合は荷物の運搬費が発生します。費用については、新居までの距離や荷物の量、時期によって異なるため、事前に見積もりを取ると良いでしょう。また、ペットを飼う場合には新たにペット保証料がかかることもあります。

敷金については、退去時に基本的には全額が返ってきます。もし、原状回復費用がかかる場合は敷金から引かれ、残ったお金が返ってくる形です。礼金は、大家に対するお礼なので返ってくることはありません。最近では、礼金0円という物件も多いので、節約するなら礼金がかからない物件を選びましょう。

生活必需品

一人暮らしを始める際にかかる生活必需品の平均費用としては、20万円ほどと言われています。冷蔵庫や洗濯機、炊飯器、テレビといった家電類に10万円〜13万円ほど。ベッドやテーブル、タンスなどの家具類に5万円ほど。調理器具や食器類、掃除用具などの生活用品に5万円ほどとなります。

前の家から家電や家具などを持ってくるのなら、その分費用を抑えることができます。最初は必要最低限の生活用品のみ揃え、ある程度お金に余裕ができたら必要なものを順次揃えていくと良いでしょう。

一人暮らしを始めるのにどのくらいお金がかかるの?

画像出典:fotolia

一人暮らしの毎月かかる金額は?

家賃

一人暮らしの毎月かかる費用の中で金額が大きいのが「家賃」です。アパートやマンションなど賃貸物件に住む場合は、賃貸料金として毎月家賃の支払いが発生します。また、家賃以外にも共益費がかかることもあります。共益費とは、共同部分の維持にかかる費用のことです。共同スペースを利用していない場合でも必ず支払い義務は発生します。共益費の料金設定については大家さんが決めるため、一概にいくらとは言えません。

光熱費

光熱費とは、電気料金やガス料金、水道料金などのことです。一人暮らしでかかる光熱費の平均としては、1万円〜1万5千円ほどとなります。電気料金は季節によってエアコンの使用量が異なり、夏や冬は高くなりやすい傾向にあります。ガス料金も都市ガスかプロパンガスかによって異なり、プロパンガスは都市ガスより高く、1.6倍ほどになるケースもあります。

食費などの生活費

実家暮らしと違い、食事にかかる費用もすべて自分で支払う必要があります。一人暮らしの食費にかかる平均としては、月2万5千円〜3万円ほどです。食事をすべて自炊するのなら、もう少し安く抑えることもできます。この他にも、交際費や交通費といった費用が個人差はありますが、毎月2万円〜5万円ほどかかることになります。

クレジットカードを活用して一人暮らしの生活費を節約するには?

ポイント還元率が高いクレジットカードを作る

一人暮らしにおすすめのクレジットカードは、楽天カードです。楽天カードは還元率が高く設定されているクレジットカードなので、上手に活用すればお得に節約することができます。

例えば、楽天市場で買い物をするとポイントが最大3倍になること。2万円の商品を購入した場合、楽天ポイントを200ポイント(基本ポイント1倍)+400ポイント(楽天カード利用ポイント2倍)=600ポイント獲得できます。楽天カードを利用せず、他のクレジットカードを楽天市場の買い物で利用した場合、獲得できるポイントは1倍となります。それに比べて楽天カードを利用して買い物をした場合は、ポイントが3倍になるので600円相当もお得になるのです。

ポイントがざくざく貯まる!楽天カードに申し込む

生活費をカード払いすることでポイントを貯める

電気料金や水道料金、ガス料金などの公共料金もクレジットカードで決済することができます。クレジットカードで決済した場合でもポイントを貯めることができるので、現金で支払うよりもお得です。貯まったポイントを買い物や支払いなどに利用すると上手に節約することができます。

また、家賃をクレジットカードで支払うことができる物件も最近は増えてきました。カード払いができる賃貸に住みたい場合は、不動産会社に事前に確認しておくと良いでしょう。

家計簿アプリと連携

最近の家計簿アプリは、クレジットカードと連携できるものも多くあります。連携することで、クレジットカードを使用した際の支払額や内訳などが自動的にアプリに記録されます。月々のカード利用額が正確に把握できるので、来月の反省に活かせるという点がアプリとクレジットカードを連携させるメリットの1つです。

一人暮らしはお金がかかる!少しでもクレジットカードを使って節約しよう!

一人暮らしをする場合、引越し費用や生活必需品を揃える費用、毎月発生する費用など、お金がたくさんかかります。節約できる箇所は少しでも抑えるのが、快適に一人暮らしをするうえでのポイントとなります。クレジットカードを有効活用して上手に節約していきましょう。

この記事を書いた人トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事