2019-06-27公開

新幹線のチケット購入はクレジットカードがおすすめ!購入方法を詳しく解説

新幹線のチケット購入はクレジットカードがおすすめ!購入方法も解説
画像出典:fotolia

新幹線のチケットはクレジットカードでの購入がおすすめです。長距離になるほど金額も高くなり、その分ポイントも多く貯まりますよ。今回は新幹線チケットをクレジットカードで購入するメリットや、購入方法などを詳しく解説します。

新幹線チケットはどう買ってどう使えばいい?

まず、新幹線チケットとは、新幹線の乗車券と特急券のことです。

はじめに乗車券とは、電車に乗る際必ず必要になる券です。Suicaなどを使用している場合は、乗車券の代わりとして使用していることになります。乗車券は最初に電車に乗る駅から目的駅までの区間を購入します。

次に特急券とは、新幹線や特急列車に乗る際に必要となる券です。このように2つのチケットは役割が分かれているので、計2枚のチケットが必要になります。乗車券と特急券の購入区間が同じであれば1枚に集約されているケースもありますが、基本的に新幹線に乗る際は2枚の券を購入することになります。

また、新幹線に乗るための改札では、乗車券と特急券を2枚重ねて入れます。新幹線を降りる際も同様に2枚入れますが、戻ってくるのは乗車券1枚だけです。最後にこの乗車券1枚で、在来線の目的地まで行きます。新幹線の降車駅が目的地の場合、降りる際は特急券も乗車券も改札からは出てきません。

ただし、チケットが3枚以上になるケースもあります。たとえば乗車券、特急券の区間が異なり、さらに新幹線で乗り換えが発生するようなケースです。またよく迷いがちなのが「どのチケットを改札に入れるのか?」ということです。考え方としては、乗る電車の順番を考えて改札に入れます。たとえば新幹線に乗る前の在来線の区間では、乗車券のみを改札に入れます。

新幹線チケットはクレジットカード購入がお得!長距離になるほどおすすめです

新幹線のチケットはクレジットカードで購入するのがおすすめで、その理由はポイントが付くからです。

例えば、東京-新大阪の新幹線自由席を購入した場合のポイントについて見てみましょう。東京-新大阪間の自由席運賃は、13,620円(通常期)です。この金額を楽天カードで支払った場合には、100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まりますので、136ポイントが貯まることになります。長距離になれば購入金額も高くなるので、その分付与されるポイントも多くなります。

また、人によっては新幹線のチケットを購入するためにわざわざ現金を引き出すのが面倒に感じるかもしれませんが、クレジットカードの場合は現金を用意する必要はありません。急いでチケットを購入したいとき、土日祝日で最寄りのATMが開いていないときにも助かります。

楽天カードはポイント還元率が高く、貯まったポイントは楽天市場でのショッピングや楽天トラベル、電子書籍の購入まで幅広く使えます。どのクレジットカードを利用するか迷われているのであれば、ポイントが貯まりやすくて使いやすい楽天カードがおすすめです。

手続きカンタン!楽天カードに申し込む

長距離になるほどカード払いがおすすめ

画像出典:fotolia

クレジットカードで新幹線チケットを購入する方法

券売機で買う場合の手順

クレジットカードを使って、券売機でチケットを購入する流れは以下です。

1.券売機のある駅に行く
2.「指定席」か「自由席」のボタンをタッチする
3.きっぷの種類を選択する
4.乗車駅を選択する
5.降車駅を選択する
6.乗車日と時間帯を選択する
7.利用人数を選択する
8.指定席の場合は希望号車と座席を選択する
9.内容確認して、カード決済を行う

以上のような流れになります。画面の指示に従って操作するだけなので、それほど難しい点はないでしょう。また購入時には、クレジットカードの暗証番号が必要になりますので、あらかじめ覚えておきましょう。

みどりの窓口で買う場合の手順

みどりの窓口で買う場合の手順は、以下の通りです。

1.みどりの窓口のある駅に行く
2.みどりの窓口で「新幹線のチケット購入」の旨を伝える
3.係員からの質問に順に答えていく→カード決済を行う

以上でチケットを購入できます。券売機の場合はクレジットカードの暗証番号を入力しましたが、みどりの窓口であれば暗証番号とサインのどちらでも問題ありません。

インターネットで買う場合の手順

新幹線のチケットは、JR東日本の「えきねっと」やJR西日本の「e5489」、JR西日本・JR東海の「スマートEX」などの予約サイトを利用して、インターネットでも購入可能です。それぞれサイトにより手順は異なりますが、ネット上で予約し、クレジットカードで支払いができます。

1.チケット予約サイトに会員登録をする
2.ログインして予約列車を選択する
3.支払い方法でクレジットカードを選択し、チケットの受け取り方法を選択する

チケットは駅で受け取ることもできますし、お手持ちの交通系ICカードやスマートフォンにチケット情報を保存し、チケットレスで乗車できる場合もあります。

クレジットカードで決済を行う場合、予約サイトや受け取り方法で決済のタイミングが異なります。えきねっと、e5489、スマートEXのチケットレスサービスを利用する場合は、購入完了時に決済まで完了します。えきねっとで、駅でのチケット受け取りを選択した場合には、受け取り時に決済を行います。

なお、予約サイトにより購入可能な新幹線や受け取りできる駅が異なりますので、取扱エリアをよく確認してから利用しましょう。

新幹線で遠出するなら、チケットはクレジットカードで購入を!

新幹線で長距離移動するのであれば、クレジットカードでのお支払いがお得です。一番のメリットはポイントが貯まることですが、単純に現金を用意しなくて良いので楽だという理由もあります。普段から出張や旅行・帰省で新幹線の利用が多い方は、ぜひ移動用のクレジットカードも作っておくことをおすすめします。

この記事を書いた人yeah.peach

元金融系SE。現在はフリーランスとして、Webライティング、Webディレクター業務、受託開発、などで生計を立てている。主な執筆ジャンルはIT(プログラミング、IT転職、受託案件)、金融(投資、税金、クレジットカード、保険)など。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事