2019-06-27公開

電気料金は口座振替とクレジットカード払いのどっちがお得?変更方法も!

クレジットカードで電気料金を支払うとお得!その理由と支払い方法
画像出典:fotolia

電気料金の主な支払い方法には、「口座振替」「振込用紙での支払い」「クレジットカードでの支払い」の3つが挙げられます。今回はこの3つの支払い方法を比較し、クレジットカード払いがお得になるケースについて詳しく解説します。

電気料金をクレジットカードで払うとお得になる?

アパートなどの賃貸住宅でも戸建てでも、生活の中で電気は必要不可欠なライフラインとなっています。電気料金の支払い方法には、大きく分けて3種類あります。それは「口座振替」「振込用紙での支払い」「クレジットカードでの支払い」です。

みなさんの中には「毎月支払わなければならないのであれば、お得に支払いたい」と考えている人がいるのではないでしょうか。実は、電気料金をクレジットカードで支払うとお得になることを知っていましたか?今回は、支払い方法ごとの特徴や割引について触れながら、具体的な数字を出して解説します。

電気料金をクレジットカードで払うとお得になる?

画像出典:fotolia

どれがお得?電気料金の支払い方法3つ

口座振替

口座振替とは、あらかじめ金融機関などで手続きをした口座から引き落としされる支払い方法です。電力会社によって詳細な手続き方法は異なりますが、一般的には「郵送などで書面による手続きを行う」、「インターネットから申し込む」、「金融機関などの窓口から手続きする」という方法があります。

口座振替の場合、電力会社によっては割引を行うところがあります。例えば東京電力では、口座振替にすることでひと月54円(税込み)が割引となるサービスを行っています。ただし、引き落としができなかった場合は割引となりませんので気をつけましょう。

振込用紙での支払い

電力会社から送付される振込用紙をコンビニエンスストアや金融機関などへ持ち込み、支払う方法です。振込用紙での支払いの場合、コンビニエンスストアでは土・日・祝日や深夜でも支払いができる反面、振込用紙が届いてから支払うことになるためコンビニエンスストアや金融機関へ足を運ばなければならないという特徴があります。

クレジットカードでの支払い

あらかじめ手続きをしたクレジットカードから、電気料金の支払いがされる支払い方法です。クレジットカードの利用代金と一緒に口座から引き落としとなります。手続き方法や使用できるクレジットカードの種類は電力会社によって異なりますが、一般的にはインターネットからの手続きや書面を郵送するなどの手続きを事前に行う必要があります。

また、クレジットカードによっては電気料金の支払いをすることでポイントを貯めることができます。電気料金は必ず支払う料金ですから、ポイントが貯められるとお得ですね。

電気料金はクレジットカードと口座振替、どちらで支払うとお得?

それでは、電気料金の支払いは口座振替とクレジットカードのどちらがお得でしょうか。具体的な例を出して比較してみましょう。

口座振替の割引がある場合

電気料金の支払いを口座振替にすることで、割引がある電力会社があります。ここでは、東京電力を例にして考えてみましょう。東京電力では電気料金の支払い方法を口座振替にすると、ひと月54円(税込み)の割引があります。また、比較対象を100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる楽天カードとしましょう。

例:電気料金5,400円

・口座振替の場合
5,400円-54円=5,346円

・クレジットカード(楽天カード)の場合
5,400円-54円(5,400円支払うことで貯まるポイント)=5,346円

電気料金が5,400円で、割引額とポイント還元の金額が一緒になります。つまりこの場合、電気料金が5,400円を上回る場合はカード払いがお得になります。

クレジットカードのポイント還元がある場合

先ほどは楽天カード(100円につき1ポイントが貯まるクレジットカード)を例にしましたが、クレジットカードには様々な還元率のものがあります。ここでは3種類の還元率に分けてご紹介します。なお、比較対象は東京電力としています。

・100円につき0.5ポイント(=200円につき1ポイント)が貯まるクレジットカードの場合
電気料金が10,800円の場合、口座振替と同じ54円分のポイントが貯まります。つまり、このタイプのクレジットカードの場合は、電気料金が10,800円を超えた場合にお得となります。

・100円につき1ポイントが貯まるクレジットカードの場合
上記で解説した通り、5,400円を超える場合はカード払いがお得です。

・100円につき2ポイントが貯まるカードの場合
電気料金が2,700円で口座振替と同じ54円分のポイントが貯まります。つまり、このタイプのクレジットカードで支払う場合は、電気料金が2,700円を超える場合にお得となります。

電気料金の支払い方法をクレジットカードに変更する方法は?

ここでは、電気料金の支払い方法をクレジットカードにする一般的な手続き方法について解説します。

1.インターネットから変更する場合
電力会社のホームページ、またはカード会社のホームページから手続きをします。住所・氏名などの契約者情報やカード番号、有効期限などのカード情報を入力します。

2.書面による郵送手続きから変更する場合
インターネットまたは電話にて電力会社から、書面を郵送してもらいます。書面が自宅に届くまで1週間程度かかる場合があります。書面が届いたら、契約者情報やカード情報などの必要項目を記入し、返送します。

どちらの場合も、手続き完了までおおよそ1~2カ月程度かかります。

また、楽天カードでは、楽天e-NAVI(楽天カード会員向けサイト)から変更できる電力会社があります。該当の電力会社があれば、楽天e-NAVIからも手続きできますので確認してみましょう。

電気料金をクレジットカードで支払う場合の注意点は?

公共料金の支払いにポイントがつくか確認

「せっかく電気料金の支払いをクレジットカードに変更したのに、ポイントがつかなかった」となると、口座振替がお得だったということになりかねません。公共料金の支払いでポイントが貯まるクレジットカードかどうか、事前に確認しておきましょう。

ポイントがざくざく貯まる!楽天カードに申し込む

上限金額に注意

電気料金の支払いをクレジットカードで行う場合、クレジットカードの利用代金と一緒に口座から引き落としされます。利用可能枠が上限に達していると引き落とされない可能性がありますので、大きな買い物をした月は上限金額に達していないか念のため確認しておきましょう。

電気料金はクレジットカードを使ってお得に支払おう

電気料金やクレジットカードの種類によっては、カード払いがお得になる場合があります。生活に欠かせないライフラインである電気。電気料金は暮らしの上で必要な出費ですから、クレジットカードを利用して賢く節約していきましょう。

【あわせて読みたい】水道料金をカード払いにする方法▽

この記事を書いた人ERI

不動産会社や住宅メーカーで働いていた経験から、主に不動産や金融関係の執筆を行っているWebライター。
その他、グルメや地域ネタなどのジャンルの記事執筆も行っています。初心者にもわかりやすい言葉でテーマを解説しています。
保有資格:宅建・FP2級・教員免許など

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事