2019-07-11公開

大学生や主婦におすすめな「家族カード」とは?メリット・注意点を紹介!

メリット豊富な家族カードとは?|どんなメリットがあるのかも紹介
画像出典:fotolia

クレジットカードの中でも、大学生や主婦の方でも申し込みがしやすいのが家族カード。家計の管理がしやすくなったり、年会費が安く発行できたりと様々なメリットがあります。今回は家族カードとは何か、メリットや注意点を解説します。

家族カードとは

「家族カード」という言葉を知っていますか?聞いたことはあるけど、詳しく知らないという人も少なくないでしょう。簡単に説明すると家族カード(ファミリーカードとも呼ばれる)とは、クレジットカードの契約者(=本会員)の家族が利用できるクレジットカードのことです。申し込みできる条件はカード会社によって異なり、「生計を同一にする契約者の配偶者や親、子ども(18歳以上)まで」としている会社もあれば、「二親等以内で18歳以上(高校生を除く)」としている会社もあります。

家族カードの利用分は契約者の登録口座から引き落としされるため、契約者に安定した収入があれば、家族カードを利用する人の収入に関係なく発行されます。そのため、大学生や主婦などの収入が少ない人でも、クレジットカードを持つことができる一つの手段ともなるのです。このように、家族カードには利用できる範囲に制限がある一方、申し込みしやすいクレジットカードでもあります。

家族カードとは

画像出典:fotolia

家族カードのメリット

ポイントやマイルが貯まりやすい

家族カードのメリットの一つが、ポイントやマイルが貯まりやすいという点です。貯まりやすい理由としては、家族カードで獲得したポイントやマイルは、基本的には本会員のポイントやマイルに合算されるため、個人でクレジットカードを利用して貯めるよりも早く貯まるからです。したがって、ポイントやマイルをお得に貯めたいのなら、今まで家族が現金で支払っていた分を、家族カードを使って支払いするようにしましょう。

本会員の保険が家族にもつく

家族カードの場合、本会員と同じ条件の保険が無料でついてくるのも魅力の一つです。同じ条件の保険が無料で利用できるため、別々にクレジットカードを申し込みするよりもお得になります。

例えば、夫がAのカード会社のクレジットカードを所持して海外旅行保険が付帯しているとします。妻はBのカード会社のクレジットカードを所持していますが海外旅行保険の付帯はなし。この場合はもちろん奥さんには海外旅行の保険適用はありません。

しかし、夫が海外旅行保険のついているクレジットカードを所持して、奥さんがそのクレジットカードの家族カード会員だったとすると、夫と同じ海外旅行保険が無条件で適用されます。もし、B社のクレジットカードを所持するのと、夫の家族カードに入会するのにどちらも同額の年会費が発生するなら、断然家族カードがお得になるのです。

家計の管理がしやすい

家族カードの場合、支払いは本会員の口座から引き落とされるため利用明細も一緒になります。利用明細がまとまってくるため、家計の管理がしやすいというメリットがあります。もし家族カードではなく、複数のクレジットカードを所持していた場合、別々に明細書が届くため、すべての利用明細に目を通し管理することになります。

利用者の名義のクレジットカードになる

家族カードの支払いは本会員と一緒になりますが、カード自体の名義は家族カード利用者の名義となります。そのため、他の人からすると普通のクレジットカードのように見えるのです。もし、家族カードだとバレたくない人でも、安心して利用できます。

家族会員の年会費は無料もしくは格安

家族カードは、本会員でクレジットカードを申し込みするよりも、年会費が格段に安くなります。例えば、楽天カードなら本会員も無料なので、家族カードも無料で申し込みできます。楽天プレミアムカードは、本会員の年会費11,000円(税込み)が、家族カードだと550円(税込み)です。楽天ゴールドカードも年会費2,200円(税込み)のところ、家族カードなら550円(税込み)になります。

家族カード入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード

家族カードの注意点

利用限度額は本会員のものを家族で分け合う形になる

通常クレジットカードには利用限度額が設定されており、その範囲内での使用となります。ですが、家族カードの場合、それぞれのクレジットカードに利用限度額が設定されているわけではありません。本会員のカード利用限度額を全員で共有する形となるので気をつけましょう。

請求先は本会員になる

家族カードの利用分は、本会員に請求され登録している口座から引き落としされます。そのため、本会員は自分のカード利用金額だけではなく、家族カードの利用分もしっかり把握しないといけません。そうしないと、引き落としの際に口座のお金が足りず、未納になる恐れもあるからです。

利用明細は本会員にはすべてわかる

家族カードの場合、購入した商品の明細書は基本的に本会員に届きます。そのため、購入日、利用店舗、金額などすべて本会員に知られてしまいます。家族カードでは、本会員に内緒で購入するということができないので気をつけましょう。どうしても内緒で購入したい場合は、個人でクレジットカードを持つ必要があります。

家族カードの使い方

家族カードは、収入などが少ない学生や主婦にとって、申し込みしやすくポイントも貯めやすいおすすめのクレジットカードです。また、子どもが学生で離れて暮らしている場合、仕送りをしなくても家族カードがあれば子どもがお金に困ることはありません。ただし、本会員が家族カードの利用分もしっかり管理する必要があります。そうしないと、気づかないうちに利用限度額まで利用していたということにもなるからです。

使いこなせると、家族カードはメリット豊富でとても便利!

家族カードは収入が少ない人でも申し込みでき、本会員と同じ保険が適用されるなど、メリットがたくさんあります。ただし、本会員に購入日、利用店舗、金額などが知られる、利用限度額が一緒など注意点もいくつかあるため、メリットとデメリットをしっかり把握したうえで、家族カードを申し込むようにしましょう。

この記事を書いた人トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事