2019-07-11公開

クレジットカードのスキミングとは?その手口や、効果的な対策法を紹介

クレジットカードのスキミングに注意!|被害にあわないためには?
画像出典:fotolia

クレジットカードに関する不正利用の一つ「スキミング」をご存知でしょうか。これはクレジットカードを偽造する手法で、すぐに被害に気付けないことも。今回はスキミングの手口や対策、被害に遭ってしまった時の対処法などを解説します。

クレジットカードのスキミングとは?

スキミングとは、「スキマ―」と呼ばれる特殊な端末を使用し、クレジットカードの磁気ストライプからカード情報を抜き取ることです。スキミングで抜き取った情報を別のクレジットカードに書き込んで元のクレジットカードを偽造し、不正利用を行います。

スキミングではクレジットカード本体が盗まれるわけではありません。そのため、すぐに被害に気付くことが困難です。安全にクレジットカードを利用するためには、事前にスキミングへの対策を行っておきましょう。

クレジットカードのスキミングの手口

スキミングの手口には、クレジットカードの読み取り端末にスキマーを仕掛ける、ATMにスキマーを仕掛ける、空き巣に入ってクレジットカードを狙う、店員や警察官に成りすまして被害者の目の前でスキマーによりカード情報を読み取る、といった手口があります。スキマーはどこにでも仕掛けられるので、クレジットカードを使用する場面すべてにリスクがあると言えるでしょう。

しかし、スキマー単体ではカード情報を読み取れるだけで、暗証番号はわかりません。そこでよく用いられる手口が、スキマーでカード情報を読み取り、それと同時に小型の隠しカメラで手元を撮影して暗証番号を盗むやり方です。

クレジットカードのスキミングの手口

画像出典:fotolia

クレジットカードのスキミング対策としてできること

ICカードタイプのクレジットカードにする

クレジットカードには磁気ストライプ型とICチップ型があります。クレジットカードに1cm四方程度のチップが付いていれば、ICチップ型のクレジットカードです。このICチップ型のクレジットカードを使用することで、スキミングの被害に遭いにくくなります。理由は、ICチップ内に保存されているデータが暗号化されているからです。

日本では現在100%ICカード化を目指しており、おそらく多くの方がお持ちのクレジットカードはすでにICチップ型になっているかと思います。仮に現在磁気ストライプ型であっても、更新のタイミングで自動的にICチップ型のクレジットカードが送られてくる可能性が高いです。とはいえ、更新まで磁気ストライプ型を使用することはリスクなので、すぐにICチップ型のクレジットカードに交換してもらえないか相談してみるのも1つの手です。

盗難補償を利用する

スキミングの場合、直接物理的にクレジットカードを盗まれているわけではありませんが、カード情報を盗まれているため、物理的に盗まれているのと実害は同じです。そのため盗難補償の対象となります。盗難補償が付いていれば60日程度の期間内であれば全額補償されます。

楽天カードには盗難保険が付いているので安心です。万が一クレジットカードが不正利用された場合、盗難・紛失の届出から60日前にさかのぼり、不正利用による被害額の支払いが免除されます。 届出は24時間・365日無休で受け付けています。

安全・安心のセキュリティ対策!楽天カードに申し込む

暗証番号の管理に気を付ける

セキュリティの高いICチップ型のクレジットカードでも、絶対にスキミングがされないわけではありません。暗証番号を見られないよう、入力時には手元を隠す、推測ができない番号にするなどの対策が有効です。

サインで決済する

スキミングでカード情報を盗まれたら、クレジットカードを盗まれたときと同じ状態になります。悪用されるリスクがありますが、暗証番号が知られるとなおのこと危険です。上で説明した通りスキミングと同時に監視カメラで暗証番号を盗まれる可能性があるため、サインで決済することで暗証番号が盗まれるリスクを軽減できます。

クレジットカードのサインの正しい書き方を解説!

怪しいカード利用の履歴がないか確認する

スキミングと盗難は状況が似ていると説明しましたが、大きな違いはスキミングは被害に気付きにくい点です。知らない間にクレジットカードが使われてしまうことになりますが、早めに気付けば上記の通り盗難補償を適用することもできます。なるべくマメに利用明細を確認し、身に覚えのない利用がないかどうか確認すると被害に気付きやすいです。

スキミング防止グッズを使う

クレジットカードに非接触型(クレジットカードにアンテナが内蔵されていて、無線通信で情報を読み取れる)のICカード機能も搭載のクレジットカードを持っている人も多いでしょう。例えば、電子マネー機能付きのクレジットカードなどです。非接触型の部分については、スキマーを接触させなくても情報を読み取ることができるため、人ごみや満員電車で気づかぬうちに電子マネーのスキミング被害に遭う可能性があります。

非接触型ICカードに対しては、スキミング防止グッズが役立ちます。スキミング防止グッズとは、防磁機能のあるクレジットカードケース、財布などです。店頭でもネットでも安価で販売されていますが、効果は期待できます。少なくとも非接触型カードのデメリットはカバーできるでしょう。

クレジットカードのスキミング対策としてできること

画像出典:fotolia

クレジットカードのスキミング被害に遭ってしまったら

スキミング被害に遭ってしまったら、すぐにクレジットカード会社に連絡する必要があります。上で説明した通り盗難補償適用の期間が定められているので、それを過ぎてしまわないよう早く対処しなければなりません。

クレジットカードのスキミングはしっかり対策しよう!被害に遭ってもあせらずに正しく対処しよう!

スキミングの概要、対策、被害に遭った場合の対処法について解説しました。スキミングを100%防ぐことはできなくても、適切に対処することで実害をなくすことは可能です。日頃から不審な請求がないかどうか明細をよく確認しておくことと、万が一被害に遭ったら、すぐにカード会社に連絡し、盗難補償の手続きを取ることが特に重要となります。

この記事を書いた人yeah.peach

元金融系SE。現在はフリーランスとして、Webライティング、Webディレクター業務、受託開発、などで生計を立てている。主な執筆ジャンルはIT(プログラミング、IT転職、受託案件)、金融(投資、税金、クレジットカード、保険)など。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事