2019-07-31公開

クレジットカードの住所変更って必要?変更方法や、変更しなかった時のリスクとは

引っ越したらクレジットカードの住所変更は必要?変更のやり方は?
画像出典:fotolia

引っ越しなどで住所が変わった際は、クレジットカードの住所変更は必要なのでしょうか。結論としては住所変更は必要で、そのままにしていると色々と不都合なことも。今回はクレジットカードの住所変更の必要性や、やり方をご紹介します。

クレジットカードの住所変更はなぜ必要?

明細が届かなくなる可能性がある

引っ越しなどで住所が変わったら、カード会社に登録している住所の変更を必ず行いましょう。もし、住所変更を行わないと、様々なリスクが発生します。そのひとつが、利用明細が届かなくなるということです。

最近では、クレジットカードの利用明細はネット上でも確認できるようになっていますが、郵送で確認している人もいると思います。郵送にしている場合、住所変更をしていないと明細が届かなくなるため、支払い金額がわからなくなってしまいます。その結果、口座の残高が足りず支払いができなくなる可能性もあるのです。

転居届を郵便局に出したから、前の住所のままでも新住所に転送されてくると考えている人も少なくないでしょう。しかし、クレジットカードの明細といった大切な書類は、転送不要郵便が利用されることもあり、その場合は新住所に転送されません。また、明細以外にも、大切なお知らせやキャンペーンの情報なども届かなくなってしまいます。せっかくのお得な情報も利用できなくなってしまうので、引っ越しをしたらなるべく早めに住所変更手続きをするようにしましょう。

有効期限が過ぎて新しいクレジットカードが届かない可能性がある

クレジットカードには有効期限があり、期限が近くなるとカード会社から新しいクレジットカードが発行されます。しかし、クレジットカードは登録されている住所に、転送不要郵便で送られます。そのため、引っ越しして住所変更を行っていない場合、新しいクレジットカードを受け取ることができません。

もし、クレジットカードの有効期限が過ぎていることに気づかないままでいると、いざクレジットカードで支払いをしようとした際に、利用できなくて困ることにもなります。

クレジットカードが旧住所に送られた場合、本人しか受け取れないため、受取人不明としてカード会社に戻ってきます。そうなると、所在不明と判断され、最悪の場合クレジットカードを破棄され、強制解約の恐れもあるのです。そうならないためにも、なるべく早めに住所変更の手続きを行いましょう。

クレジットカードの住所変更をしないとどうなるの?

画像出典:fotolia

クレジットカードの住所変更はどうやるの?

ウェブサイト

最近では、ほとんどのカード会社がウェブ上からの住所変更に対応しています。カード会社の公式サイトから、「マイページ」や「アカウント」にログインして住所変更を行う形なので、自宅にいながら変更することができます。そのため、忙しくて書類を記入する時間がなかなか取れない人におすすめの方法です。もし、「どこから住所変更したらいいのかわからない」といった場合も、ウェブサイトの「ヘルプ」や「よくある質問」といったページに詳しく載っているので、初めての方でも安心して住所変更が行えます。

楽天カードの場合は、楽天e-NAVIから住所変更の手続きができます。楽天e-NAVIにログインして、「お客様情報の照会・変更」ページから「変更する」を選んで変更手続きをするだけなので簡単です。

カスタマーセンター

ウェブサイト以外にも、電話をかけて変更することもできます。カスタマーセンターのスタッフが、丁寧に案内してくれるのでウェブサイトでの手続きが難しいと感じる人におすすめの方法です。電話では新住所などの必要事項を伝えれば問題ないので、そこまで時間はかかりません。

また、カスタマーセンターには営業時間があるので、事前に確認して営業時間内に電話するようにしましょう。

ただし、カード会社によっては、電話だけではなく書面でのやりとりも必要になるケースもあります。自分が所有しているカード会社の公式サイトを確認して、電話のみで済むのか確認しておきましょう。
また、「カスタマーセンターの電話は混雑していることがあり、電話が繋がるまで時間がかかる場合がある」「そもそもカスタマーセンターの営業時間が限られていて、その時間帯にかけることが難しい」といった問題もあります。ウェブサイトからの手続きなら、時間的な制約はありませんので、電話をかけることが難しい人は、ウェブサイトにて変更手続きをするようにしましょう。

郵送

カード会社によっては、郵送で受け付けているところもあります。まず、公式サイトや電話で、住所変更に必要な書類を請求します。書類が届いたら、必要事項を記入して返送するという形です。郵送の場合は、ウェブサイトや電話と比べて手続き完了までの期間が1番長く、1〜2週間程度かかることもあります。

急いでいる場合は、ウェブサイトにて変更手続きをするようにしましょう。

クレジットカードの住所変更は必要!

カード会社に登録している住所の変更は重要な手続きです。遅かったり、忘れてしまったりすると、明細や新しいクレジットカードが届かないといったことにも繋がります。最近はウェブサイトから簡単に手続きできるので、引っ越しをしたらなるべく早めに住所変更するようにしましょう。

この記事を書いた人トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事