2019-09-17公開

いつでもアリーナ最前列を満喫するために、ジャニオタの私がリビングを「視聴部屋」にした話

ジャニオタの私がリビングを「視聴部屋」にした話

ジャニーズのアイドルたちを愛するリサさんが、ジャニオタ活動をもっと楽しむために作り込んだ「視聴部屋」を紹介します。プロジェクターとスクリーンを導入すれば、いつでもアリーナ最前列のような臨場感を体験できるそう。そのほか、おすすめのスピーカー、外付けHDD、ブルーレイプレイヤーなどが登場します。

はじめまして、リサです。物心がついたときからジャニーズ事務所のアイドルたちを追いかけている、いわゆる「ジャニオタ」です。

初めてジャニーズを知ったのは幼稚園のころ。お遊戯会で光GENJIの楽曲に触れたことがきっかけでした。そして小学生でSMAP、中学生でV6にハマった後、ジャニーズJr.黄金期に結成されたタッキー&翼も追いかけることに……。現在はジャニーズ全体をこよなく愛しながら、4人組ユニットのNEWSを全力で応援中。まさに、ジャニーズとともに自分の人生があります。

そんな私のジャニオタ活動には、「テレビを見る」「CDを買う」「コンサートに行く」に加え、「コンサート映像を見る」というとても大切な心のオアシスタイムがあります。

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

私にとって、コンサートの映像を見ている時間は至福のときです。ひとりで満喫するのはもちろんのこと、友人を呼んで鑑賞会をすることもあります。これはジャニオタに限らないと思いますが、同志と一緒に感想を言い合いながらコンサートを見るってすごく楽しいんですよね……。

そして、この時間をもっと最高のものにしたいと思った私は、引っ越しをきっかけに自分なりのこだわりを詰め込んだ「ジャニオタ活動のための視聴部屋」を作ることにしました。

自担(好きなアイドル)のコンサートがない時期をいかに充実させるかが私の中で課題だったので、視聴環境を整えることで、ひとりはもちろん、たくさんの友人と集まるときも心地良く好きなものを楽しめるようになったのです。

今回は、自分なりの視聴部屋を作るうえで、どのようなアイテムをそろえていったかをご紹介したいと思います。

理想の視聴部屋を作るために買ったもの

私の中で、ジャニオタは「部屋を見るとジャニオタだとわかるくらい、自担に囲まれる生活を選ぶ派」と「ジャニオタであることをあまり部屋から感じさせない生活をしている派」にわかれると感じています。

私の部屋作りは後者の方です。ジャニーズを存分に楽しみたい! という気持ちがある一方で、部屋で心地良く過ごせるように、おしゃれな部屋作りをしたいと考えていました。特に、視聴部屋にしようとしていたのは普段から使っているリビングだったため、この思いは強かったです。

なので、視聴部屋に置くアイテムを選ぶときも、部屋の雰囲気になじむデザインを重視しています。

【1】最前列の気分を味わえる「プロジェクター」と「スクリーン」は導入必須

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

視聴環境を整えるのに必須のアイテムは、まず「プロジェクター」です。

もともとEPSONの製品を使っていましたが、そろそろ2台目を買おうと思って探していたところ、使い勝手が良さそうなELEPHASの小型プロジェクターを楽天市場で見つけたので早速購入しました。

明るさは3,000lm 以上で、解像度は1080PフルHDに対応しています。ちょうどボーナス前だったので、ボーナス時期の引き落としを考えてクレジットカード決済しました。

家庭用と書かれているプロジェクターは、基本的に暗い部屋での視聴が前提なので、なるべく明るく投影されるものを選びました。昼間は部屋が明るくても鑑賞できる野外コンサートの映像を見るのがギリギリですが、プロジェクターで昼間に野外コンサートを見るというのも臨場感があって私は好きです。

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

プロジェクターは配線も簡単で、USBケーブルやHDMIケーブルもそのままつなげることができます。別端子を買えば、iPhoneを接続することも可能です。

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

好きなアイドルのお顔、しっかりと見たいですよね? であれば、スクリーンの購入も忘れずに! 壁にそのまま投影すると、アイドルの綺麗なお顔が見辛くなってしまいます。細部まで楽しむためにもスクリーンは必須アイテムだと思っています。

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

私はスタンドとセットになった80インチのものを使っています。約11畳のリビング兼視聴部屋だと、現状はこのサイズが限界の大きさ。このスクリーンとプロジェクターを組み合わせれば、夢のアリーナAブロック最前列が我が家で実現します!

【2】会場にいる臨場感が味わえる「スピーカー」と「ウーハー」

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

コンサート映像を見るときは、音響の良さが視聴の楽しさを左右すると言っても過言ではありません。なのでプロジェクターと同時に、ONKYOのウーハー「SKW-10」と、同じくONKYOのスピーカーを設置しました。

スピーカ2個にサブウーファー1個を加えた3点構成で、配線に弱い私でも設置しやすい2.1chのものになっています。部屋の雰囲気になじむデザインを探していて、気に入るデザインを見つけるまで時間はかかったものの、この木目調はとても満足しています。

スピーカーとウーハーを入れることで、低音や音の広がりを感じられるようになり、購入して良かったなあ……としみじみ思いました。何より、作り込まれているコンサートの音響を自宅でも再現できることがうれしいです。最前列を自室で手に入れられる高揚感、たまりません。

ウーハーは低音専用スピーカーユニットということもあり、音漏れが気になるところですが、私は視聴部屋で思いっきりジャニーズの映像を楽しみたいと思っていたので、引っ越しの物件探しのときから「防音設備が整っていること」を条件にしていました。ちなみに、床暖房があると階下に音が響きにくいのでおすすめです。

【3】ソニーの「ブルーレイプレイヤー」は、ジャニオタの強い味方!

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

ソニーのブルーレイプレイヤー「BDZ-EW1200」(※現在は生産終了)は、スマートフォンから録画を設定できるうえに、録画した番組をWi-Fi環境下でなくても見られるという優れもの。遠征や日々の通勤時に撮りためた番組も見ることができて、とても快適です。

最大の特徴は、CM前後などの場面転換を自動分割するチャプターの分け方が細く設定されているところ。再生時のスキップや録画編集がしやすいからか、私の周りにいるジャニオタの利用率も高いです。

長時間ある大型の音楽番組だと、ジャニオタにとっての大切なお仕事は「編集作業」になります。

CM直前に出演待ちのアイドルが映ったら、そこは絶対に残したいですよね? そういう細かい部分も残せるようにチャプター分けをしてくれるので、その瞬間にしか見られない笑顔をしっかり保存することができます。それを大きなスクリーンで眺める時間は格別です!

【4】24時間テレビに備えて、ソニーの「外付けHDD」を購入

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

ジャニオタには、ジャニーズのアイドルたちがさまざまな時間帯に出演する「24時間テレビ」という、自担一世一代の大舞台が毎年8月に控えています。発表から放送当日までは、宣伝を含めて各番組に出演する大露出期間となるため、大量の録画に備えて3TBの外付けHDD「HD-U3を購入しました。

持っているブルーレイプレイヤーとの互換性が確実なので、迷わずソニー製を選びました。命の次に大切な録画番組を失うわけにはいかないのです。それほどまで、24時間テレビはジャニオタにとって“一大録画イベント”です。

メンバーがありとあらゆる番組に出演するので、事前特別番組や発表イベント番組だけでなく、当日の放送24時間分を確実に残すために、ずっと録画しっぱなしという方もいるでしょう。かくいう私もそうでした。

そのために大事なのは、やはり確実な容量確保です。すべての番組をくまなく残せたのは、この大容量の外付けHDDのおかげと言っても過言ではなかったと思います。

24時間テレビが終わった後は、長時間の音楽特番や、コンサート前後やCDリリース時に出演することの多いワイドショーを録画しています。どちらも長時間だったり出演回数が多かったりするので、間違いなく録画するための容量が必要です。

このHDDを買うまでは、容量がなくなる度にHDDを整理する……という作業だけでもかなり時間がかかっていました。放っておくとすぐに容量オーバーで録画できなくなることもあったのですが、そういう心配が全くなくなりました。

HDDは容量が大きければ大きいほど値段も高いですが、残りの容量があるとないのとでは心の余裕が全然違うので、ぜひ導入してほしいです。

【5】BD・DVDを収納するための「ディスプレイラック」

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

NEWSの初回盤BDはサイズが大きいので、きちんと収納できるものが欲しくなり、楽天市場で扉付きのディスプレイラックを購入しました。

無限かというくらい増えていくCDやBD・DVDなどはこちらに収納中。部屋の雰囲気にあわせて洋書などをディスプレイすれば、インテリアとしても空間になじみます。5~6年前に購入したので私が買ったショップではもう取り扱っていないようでしたが、同じようなディスプレイラックはほかのお店でも販売されていると思います。

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

それぞれのボックスには、ジャニーズのコンサートBD・DVD、CD、選りすぐりの雑誌と書籍、会報と写真を収納しています。

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

必要なものを簡単に取り出せるようにしたことで、BD・DVDを見たいときにすぐに楽しめるという快適度が高まりました。BD・DVDに限らずこうしたグッズの置き場所は頭を悩ませがちですが、リビングに置いてもインテリアとしてかわいいうえに収納がしっかりできるディスプレイラックは非常に便利で重宝しています。

【6】視聴環境を充実させるために「ダイニングセット」を導入

冒頭でも触れたように、ジャニオタの中で頻発するイベントの1つに鑑賞会があります。私の場合、プロジェクターとスクリーンを導入したことで鑑賞会をする機会も増えました。

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋

いつもはジャニオタの友人8名くらいとお昼から終電前まで飲食をしながら楽しむことが多いのですが、たくさんの人が集まるともなれば、テーブルもなるべく広いものが欲しくなります。なので、長さが180cm ある大きめのダイニングテーブルを購入しました。

大きすぎるかと心配でしたが、圧迫感はそこまでありません。大人数が集まっても1つのテーブルを囲みながら好きなアイドルのコンサートを見ることができるので、鑑賞会をするたびに買って良かったな……と思います。

ジャニオタがアイドルを楽しむためにこだわって作った視聴部屋
この日は、2019年春に開催されたNEWSのアリーナツアー「NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA」完走お疲れさま会と称した鑑賞会を実施

ほかには、ジャニオタが集まるときのエンタメ要素を……ということで、カセットコンロ、すし桶、たこ焼き機なども用意。いつでも楽しく鑑賞会をできるように準備を整えています。さらに、自担のお誕生日会やデビュー記念日など、テーマを設けた鑑賞会を開催することも! イベントもしっかり楽しんでいます。

お寿司やたこ焼きを自分たちで作りながら鑑賞会をすると、とても盛り上がるし楽しめるので、ネットサーフィンをしながら「これ、次の鑑賞会で使ってみたい!」というアイテムを見つけるとついつい買ってしまいます。

理想の視聴部屋を手に入れて、ファン活動が充実した

音楽番組への出演、コンサートのBD・DVDやCDのリリース、自担のお誕生日……ジャニオタにはアイドルにまつわるさまざまなイベントがあります。

その度に数多くの番組を録画したり友人と集まって鑑賞会を開いたりしている私ですが、自分なりにこだわった環境を手に入れたことで今まで以上に楽しく視聴できるようになり、生活の満足度はかなり増しました。

「今どき、テレビにアイドルが出るだけで誰かの家に集まって友人と一緒に見るなんてありえない」などと会社や周りの人に言われることもありますが、ジャニーズという世界観はシェアしてこそ楽しいのです。

アイドルたちのきらめきを多くのファンと摂取して共有することも、ジャニオタとしての楽しみの一つ。自分以外の誰かと一緒に楽しめる環境を整えられたことで、ファン活動も充実しています。天気や気温に左右されることなく1日中NEWSを享受するのは私の夢でもあったので、それを少しずつ実現できて本当にうれしいです。

今後欲しいものは、もっとくつろぎながら視聴するためのダイニングソファーセット。すでにこんなインテリアで、こんな形で置きたい……という妄想が出来上がっているので、あとは予算の確保のみ。クレジットカードを上手く使いつつ、徐々にそろえていきたいと考えています。

いつでも最高の環境で最強のジャニーズを楽しむために、これからも趣味部屋の追求をしていきたいです!

この記事を書いた人リサ

幼稚園で光GENJIに出会ってから「ポンキッキ」でお姫様だっこをしてもらうという夢を持ち続けたが叶わず。SMAP・V6・ジャニーズJr.・嵐と、お茶の間と現場の間をさまよっていたものの、NEWSに出会ってからどっぷりジャニーズにハマってしまう。ジャニーズなしではこんなに楽しく生きてこれなかったと真剣に思いながら日々働き、癒やしに希望にNEWSを楽しむ大人のジャニオタ。ジャニーズという文化が好き。

Twitter:@lisa4fan
ブログ:カンガエゴト・オモウコト

編集:はてな編集部

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事