2019-12-11公開

投信積立にクレジットカードは使える?お得な楽天カードと楽天証券ではじめよう!

投信積立にクレジットカードは使える?お得な楽天カードと楽天証券ではじめよう!
画像出典:fotolia

投資と聞くと、未経験の方からすると難しいイメージがあります。しかし「投信積立」なら少額からスタート可能で、投資初心者の方にもおすすめです。今回は投信積立とはなにか、また、クレジットカードで支払うメリットなどを解説します。

投信積立ってなに?

投信積立とは、金融商品のひとつである投資信託を、毎月決まった金額で自動的に購入するサービスです。1度設定の手続きを行えば、毎月自動的に購入されます。少額からはじめることができますので、投資のタイミングがわからないという初心者の方にもおすすめです。

ちなみに投資信託とは、投資家から集めたお金を元手として運用の専門家が国内・海外の株式や債券などに投資・運用を行うものです。 投資額に応じて、運用の成果が分配される仕組みとなっています。投資信託は「投資」ですから、運用結果によって利益が得られることもあれば、投資額を下回って損失が生じてしまうこともあります。元本が保証されている商品ではないことを十分に理解した上で取り組みましょう。

投信積立ってなに?

画像出典:fotolia

投信積立にはどんなメリットがあるの?

少額から投資をはじめられる

投信積立におけるメリットのひとつは、少額から投資をはじめられるということでしょう。例えば楽天証券では、月々100円から投資をはじめることができます。「投資に興味はあるけど、いきなり大金をつぎ込むのは不安」という方でも、投資の勉強を兼ねて気軽にはじめることが可能です。

自動積立で手間がかからない

1度設定すれば自動的に毎月積立されますので、手間がかかりません。自動積立なので投資のタイミングに悩まず投資を継続することが可能です。また、株式投資などのように銘柄を選び、株価チャートを見て買い時を考える…などという手間も必要ありません。そのため、仕事や家事などで普段忙しい方でも気軽にはじめることができます。

投資のプロが運用してくれる

投資信託では、投資先の選定や運営は専門家が行います。投信積立を1度設定した後は、定期的に発行されるレポートなどにより運用状況を把握できます。通常、投資には多くの知識が必要ですが、運用は投資のプロが行いますので初心者の方も手軽にはじめやすいというメリットがあるのです。

そのほか、投資信託には複数の銘柄に分散投資してリスクを軽減できるなどのメリットがあります。しかし、上記のようなメリットがある一方で、手数料などのコストがかかったり、元本が保証されていなかったりするデメリットがあります。投信積立を利用する際には、メリット・デメリットをきちんと確認しておきましょう。

投信積立の支払い方法は?

毎月の引き落とし先を設定する

投信積立は、毎月設定された引き落とし先から積立がされる仕組みとなっています。毎月の支払い方法は証券会社によって異なりますが、証券口座・銀行口座・クレジットカードなどが利用可能です。

例えば楽天証券の投信積立サービスの場合は、楽天証券口座・楽天銀行口座・楽天カードのクレジットカード決済・楽天カードの引き落とし支払い口座・その他金融機関から、毎月の支払い方法(引き落とし先)を設定できます。支払い方法が複数から選択できることは魅力的ですね。ただし、支払い方法によって最低買い付け単位が異なりますので注意しましょう。

クレジットカードならポイントが貯まってお得!

投信積立の毎月の引き落とし先をクレジットカードにすれば、クレジットカードのポイントが貯められます。投信積立の運用をしながらポイントを獲得できますので、お得ですね。

しかし、投信積立の支払い方法がクレジットカードに対応している証券会社は限られています。上記で紹介したように、楽天証券であれば楽天カードによる投信積立が可能です。楽天証券と楽天カードによる投信積立については、次の項目をご覧ください。

投信積立をはじめるなら楽天証券と楽天カード!お得にポイントが貯まる

楽天証券なら楽天カードで支払い可能

投信積立でクレジットカードによる支払いに対応している証券会社は少ないのですが、楽天証券では楽天カードによる支払いが可能となっています。毎月100円から積み立てることが可能で、カード決済額100円につき1ポイントの楽天ポイントが付与されます。投信積立で運用しながらポイントを獲得できる、大変お得な仕組みです。

投信積立の支払い方法で楽天カードでの決済を選択すると、毎月1日に自動積立され、同月27日に楽天カードの利用額と一緒に支払いとなります。このようにわかりやすい仕組みも、魅力のひとつでしょう。

貯まったポイントは積立額に利用できる

楽天証券の投信積立などで獲得したポイントは、積立額に利用することができます。つまり、楽天カードでの積立とポイントによる積立を同時に利用することが可能ということ。積立時にポイントを利用した場合は、積立額からポイント利用分を差し引いた金額がカード決済額となります。

楽天証券のポイントプログラムでは、「楽天ポイントコース」「楽天証券ポイントコース」の2種類から選択することができます。楽天ポイントコースを選択すると、楽天証券ポイントを楽天ポイントへ1:1の割合で交換することが可能です。楽天ポイントは、楽天市場など楽天グループのサービスや街の楽天ポイントカードの加盟店などで利用することができます。一方、楽天証券ポイントコースでは、楽天証券ポイントをJMBマイルに交換することができます。JMBマイルに交換する場合は、事前にJALマイレージバンクの日本地区会員になる必要がありますので、希望する場合は入会手続きを行いましょう。

楽天証券のポイント投資で、楽天市場のポイントも+1倍!

楽天グループのSPU(スーパーポイントアッププログラム)は、指定された楽天グループのサービスの利用条件を満たすと、楽天市場でのお買い物で獲得できるポイントがアップする仕組みです。SPUは、楽天証券も対象となっています。SPUでは、楽天証券で月1回500円以上のポイント投資と楽天ポイントコースの設定を行うことにより、楽天市場のお買い物がポイント+1倍となります。ポイント投資とは、楽天ポイントを利用して投資信託を購入することをさし、ポイントと現金を組み合わせて購入しても条件を満たすことができます。ただし、「500円以上」は複数回にわけるとSPU対象外となってしまいます。1回の買付金額が500円以上ですので注意しましょう。

キャンペーンでさらにお得!投信積立を楽天カードで支払うとポイントが当たる!

楽天カードでは、様々なキャンペーンが行われています。キャンペーンは、楽天証券や投信積立に関連した内容で開催されることも。2019年11月度開催分をご紹介すると、楽天証券の投信積立を楽天カードクレジット決済で利用することで、抽選で250名に楽天ポイント2,000ポイントが当たるというキャンペーンを実施していました。このキャンペーンでは期間中のエントリーと、投信積立を楽天カードでクレジット決済して利用する必要がありますが、こうしたキャンペーンを利用することで、さらにお得にポイントを獲得できるでしょう。

ポイントがざくざく貯まる!楽天カードに申し込む

投信積立で気軽に投資!クレジットカードでさらにお得に

楽天証券の投信積立では、100円という少額からはじめることが可能です。また、自動積立という仕組みや投資のプロが運用する仕組みから、忙しくて時間の余裕がない方や投資初心者の方でも気軽にはじめることができます。楽天証券で楽天カードのクレジットカード決済を利用してポイントを獲得し、お得に賢く投資していきましょう。

この記事を書いた人ERI

不動産会社や住宅メーカーで働いていた経験から、主に不動産や金融関係の執筆を行っているWebライター。
その他、グルメや地域ネタなどのジャンルの記事執筆も行っています。初心者にもわかりやすい言葉でテーマを解説しています。
保有資格:宅建・FP2級・教員免許など

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事