2020-03-03公開

クレジットカードの申し込み時に準備するものは?申し込み時の注意点もあわせて解説

クレジットカードの申し込み時に準備するものは?申し込み時の注意点もあわせて解説
画像出典:fotolia

クレジットカードを申し込む際には「身分証明書」や「銀行口座」などが必要です。今回は、クレジットカードの申し込み時に準備するものを解説していきます。スムーズに発行するために申し込み時の注意点もあわせて確認しておきましょう。

クレジットカードの申し込み時に準備するもの

ここでは、クレジットカードの申し込み時に準備するものをご紹介します。事前に準備をしておくとスムーズに申し込みの手続きを進められるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

顔写真付きの身分証明書

本人確認書類として、顔写真付きの身分証明書が必要となります。一般的なものは運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどです。顔写真付きの身分証明書を保有していない場合は、健康保険証や住民票の写しで代用できます。必要な書類の種類は各カード会社によって異なりますので、ウェブサイトを確認しましょう。

顔写真付きの身分証明書を提出する目的は、本人確認を行うためです。したがって、運転免許証の期限が切れている場合は利用できません。また、顔写真付きの身分証明書に記載されている住所と現住所が異なる場合は、公共料金の領収書や税金の領収書などの「現住所が確認できる書類」を一緒に提出することが必要です。

提出した身分証明書に不備があると、受け付けができなかったり別の書類を求められたりすることがあります。提出する際はカード会社からの案内をよく確認し、提出書類に不備がないように十分に注意をしましょう。

利用代金の引き落とし口座

クレジットカードの利用金額は、金融機関の口座から引き落としされます。そのため、申し込み時に「利用代金を引き落とすための銀行口座」が必要です。申し込み時に、銀行名や口座番号などの情報がわかるものを準備しておきましょう。また、対応している銀行口座は各カード会社によって異なります。カード会社によっては、ネット銀行など一部の銀行に対応していないことも。引き落とし先にしたい口座が対応しているか、事前に確認しておくと良いでしょう。

引き落とし口座の銀行印

クレジットカードの申込書類には、銀行口座の引き落とし(口座振替)手続きのために銀行印の捺印が必要となります。もし銀行印を紛失してしまったという場合、銀行へ連絡を行い紛失改印の手続きを行うことが必要です。しかし、最近ではインターネット上で引き落とし口座の登録手続きが完結することがあり、この場合は銀行印が必要ありません。


なお、楽天カードではクレジットカードの申し込みと同時にインターネット上で引き落とし口座を設定することが可能です。インターネット上で申し込みをする場合は銀行印が不要で、郵送のように返送する手間もかかりません。楽天カードでは引き落とし口座の登録をカード申し込みフォーム上で行うと、初回の支払いから口座振替が適用されます。

収入証明書(キャッシング枠を希望する場合のみ)

クレジットカードには、店舗などでのお買い物に利用する「ショッピング枠」のほかに、借り入れのできる「キャッシング枠」が付与されることがあります。通常、キャッシング枠の有無や希望額は申し込み時に選択することが可能です。また、キャッシング枠を希望する場合は、収入証明書の提出が必要になる場合があります。

収入証明書の例は、会社員であれば「源泉徴収票」「所得証明書」「給与明細書」などが該当します。なお、給与明細書の場合は数カ月分が必要となることがあります。例えば楽天カードでは、直近の2カ月分+直近1年間の賞与明細書の提出が求められています。

そのほか、自営業者の場合は「確定申告書」「所得証明書」などが該当します。カード会社によって収入証明書と認められる書類が異なることがありますので、カード会社の指示に従って準備しましょう。

親権者の同意(未成年のみ)

クレジットカードの申し込み自体は18歳以上(高校生を除く)からできますが、未成年の場合は親権者の同意が必要となります。クレジットカードを発行するということは、カード会社と契約を結ぶということです。法律上では、条件を満たしていれば「未成年者が親権者の同意を得ないで結ぶ契約は親権者が撤回・無効にできる」とされています。そのため、申し込みをするのが未成年である場合、カード会社は親権者の同意を求めているのです。親権者の自宅電話番号などの情報提供が求められることがありますので、カード会社の指示に従って申し込み手続きを進めましょう。


また、学生専用のカードの場合は親権者の同意のほか、学生証のコピーが必要となる場合もあります。

クレジットカードの申し込み時に準備するもの

画像出典:fotolia

クレジットカードの申し込み時の注意点

クレジットカードは、各カード会社で審査を行い「信用がある」と認められた人に発行されています。ここでは、クレジットカードの申し込み時の注意点について解説します。

嘘の情報を申告しない

クレジットカードの発行にあたっては、各カード会社において「この人物にクレジットカードを発行しても問題がないか」という審査が行われています。そのため、本人に関する様々な情報を問う項目が申し込みフォームに並んでいます。しかし、少しでもカード会社の印象を良くしようと虚偽の申告をしてはなりません。虚偽の申告の例としては、借入状況をごまかしたり、実際には働いていない勤務先を記入したりするなどが考えられるでしょう。申告した情報が嘘だと発覚した場合、カード会社からの信頼性が低くなってしまう可能性があるのです。クレジットカードを申し込む際には、嘘偽りのない事実を申告しましょう。

申し込み時の入力・記入内容はしっかりと確認する

クレジットカードの申し込みにあたり、多くの項目を入力・記入することになるでしょう。万が一、入力・記入した内容に誤りがあった場合、カード会社から「虚偽の申告をしている」とみなされる可能性があります。また、情報に誤りがあった場合には審査が長引き、カード発行までに時間がかかってしまうことも考えられます。そのため、申込者本人の個人情報や勤務先情報など、入力・記入した内容が間違っていないか必ず確認しましょう。

「現住所」の情報で申し込む

クレジットカードを申し込む場合は、必ず「現住所」の情報を入力・記入しましょう。クレジットカードは、本人以外は利用できない大切なカードです。そのため、クレジットカードが発行された後は、本人しか受け取ることのできない本人限定郵便などを利用して発送されることがあります。

本人不在の住所で発行してしまった場合、クレジットカードが発行されても受け取れない可能性があります。特に一人暮らしの人は、本人確認書類の住所を現住所に変更していないことがあるかもしれません。確実にクレジットカードを受け取るためにも、現住所の情報で申し込みができるよう必要な書類を揃えましょう。

【関連記事】クレジットカードの申し込み方法についてさらに詳しく

クレジットカードの申し込み前に、準備するものと注意点を確認しよう

今回は、クレジットカードの申し込み時に必要なものや注意点について解説しました。クレジットカードは後払いという仕組みですから、カード会社に信用があると認められた人に発行されています。クレジットカードの申し込みをする際には、ぜひこの記事を参考に、事前に必要なものを準備して申し込み手続きを行ってみてください。

この記事を書いた人ERI

不動産会社や住宅メーカーで働いていた経験から、主に不動産や金融関係の執筆を行っているWebライター。
その他、グルメや地域ネタなどのジャンルの記事執筆も行っています。初心者にもわかりやすい言葉でテーマを解説しています。
保有資格:宅建・FP2級・教員免許など

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事