2020-04-13公開

マイナポイントとは?使い方や申込方法を解説【25%ポイント還元】

マイナポイントとは?使い方や申込方法を解説【25%ポイント還元】
画像出典:fotolia

2020年7月より、マイナンバーカードを利用したポイント制度「マイナポイント」の申し込みが開始される予定です。ポイント還元率は25%と非常に高い点が魅力。今回はマイナポイントとは何か、使い方や必要な準備を解説します。

マイナポイントとは?

「マイナポイント」という言葉を初めて聞く、聞いたことはあるけど詳しい内容はわからないという人も少なくないでしょう。マイナポイントとは、政府が行うマイナンバーカードを利用したポイント制度です。事前に選択したキャッシュレス決済サービスでチャージ、もしくはお買い物をすることで、決済金額の25%(上限5,000円分)をマイナポイントとして決済事業者を通じて付与されるポイントです。

利用期間(マイナポイント取得期間)は2020年9月〜2021年3月末までを予定していて、マイナポイントの申し込みは2020年7月から開始されます(申し込みの終了は2021年3月末まで)。

マイナポイント導入の目的には、
・消費の活性化
・マイナンバーカードの普及促進
・官民キャッシュレス決済基盤の構築
などがあげられます。

マイナポイントのメリット

マイナポイント事業のメリットは、決済金額に応じてマイナポイントが付与されることです。2020年9月〜2021年3月末までの間に、選択した決済サービスを利用すれば25%の高い還元率を受けられます。例えば、20,000円チャージもしくはお買い物をすることで、5,000円分のマイナポイントが付与されます。「キャッシュレス・ポイント還元事業」のポイント還元率は高くても5%だったので、それと比較しても高い還元率なのがわかります。

マイナポイントについて、どの決済サービスが適用できるのか、獲得したマイナポイントはどこで使えるのかなど、気になることは多いでしょう。マイナポイントには、楽天ペイ(アプリ決済)や楽天Edyをはじめ、様々なキャッシュレス決済サービスが参加を表明しており、選択したキャッシュレス決済サービスを利用することで、その決済事業者のポイントが付与されるという形になります。ですので、取得したマイナポイント(選択した決済事業者のポイント)は、そのキャッシュレス決済サービスが利用できるお店でいつものお買い物に利用することができます。

そのほか、マイナポイントについての詳細や最新情報については、総務省が運営する「マイナポイント事業」公式サイトを通じて随時発表されています。

マイナポイントの安全性は大丈夫?

マイナポイントは、マイナンバーカードを利用したポイント制度です。マイナンバーカードは個人情報が詰まったカードなので、安全性は大丈夫なのか不安になる人もいるかもしれませんが、マイナポイントを利用するにあたり、マイナンバーそのものは使用しません

お買い物やチャージの際に実際にマイナンバーカードを提示したりなどはしませんし、マイナポイントの利用手続きなどには、マイナンバーとは別のマイキーIDを使いますので、決済事業者側にもマイナンバーが知られることはありません。また、国が利用者のお買い物の履歴を確認することもできない仕組みになっています。

マイナポイントの利用にあたってマイナンバーカードを使うのは、マイナンバーカードに搭載されているICチップ内の電子証明書を利用して本人認証を行うためです。また、電子証明書にはマイナンバーの情報は含まれていません。安心してマイナポイントを利用しましょう。

マイナポイントの使い方は?必要な準備や申込手順を確認しよう

(1)「マイナンバーカード」と「マイキーID」を準備

マイナポイントを取得・利用するには、
・マイナンバーカード
・マイキーID
の2つが必要です。

マイキーIDとは、マイナポイントの付与や各種サービスを利用する際に、本人を確認するものとして必要になるIDです。

マイキーIDの設定(マイナポイントの予約)は、マイキープラットフォームで行います。「公的個人認証サービス対応のスマートフォン」もしくは「パソコン・公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタ」が必要になります。

【マイキーID設定手順】
・STEP1.専用のアプリやソフトをダウンロード
・STEP2.マイナンバーカードを読み取る
・STEP3.マイナンバーカードの暗証番号(4桁)を入力
・STEP4.設定完了(マイナポイントの予約完了)
設定の際に必要になるアプリやソフトは、こちらをご確認ください。

使用環境 必要なソフト・アプリ
PCの場合 「マイキーID作成・登録準備ソフト」
スマートフォン
・Androidの場合
「JPKI利用者ソフト」
「マイナポイント」
スマートフォン
・iOS(iPhone)の場合
「マイナポイント」

以上の手順で簡単に設定することができます。
マイキーIDの設定受付はすでに始まっているので、マイナポイントの申し込みが開始される前に準備しておくとよいでしょう。

(2)マイナポイントの申し込み(2020年7月開始予定)

マイナポイントを利用するには、マイナポイントへの申し込みが必要です。「マイナポイント申し込みページ」にて、希望のキャッシュレス決済サービス(ICカードorQRコード決済)を1つ選択します。その後、希望した決済サービスのカード番号などを入力。最後にマイナンバーカードを読み取り、4桁の暗証番号を入力したら申し込みは完了です。詳細は、こちらの動画(https://youtu.be/4nTpD3oW9O4)でも確認できます。

マイナポイントで利用できるキャッシュレス決済サービスについては現在募集中のため、どのサービスが選べるのかはまだわかりません。

(3)マイナポイントの取得・利用スタート(2020年9月開始予定)

2020年の9月からマイナポイントの取得や利用がスタートする予定です。マイナポイントの申し込み時に希望したキャッシュレス決済サービスを利用して、チャージもしくはお買い物をすることで希望した決済事業者が提供しているポイントが付与されます。還元率は25%(上限5,000円分)で、付与されたポイントはほかのポイントと同じように、希望した決済サービスを通じていつものお買い物で利用できます。

マイナポイントとは?

画像出典:fotolia

マイナポイントに申し込む前の注意点

マイナンバーカードを早めに発行しておく

マイナポイントの申し込みには、通知カードではなくマイナンバーカードが必要です。しかし、マイナンバーカードをまだ発行していない人も多いため、マイナポイント申し込みの開始時期になると、マイナンバーカードを申し込む人が増えることが予想されます。

マイナンバーカードは通常なら1カ月ほどで発行されますが、混雑すると発行までに通常よりも時間がかかる恐れもあります。マイナポイントを利用したい人は早めにマイナンバーカードを作っておきましょう。マイナンバーカードの申し込みは、住んでいる地域の自治体で行うことができます。

マイキーIDが取得できないときは「マイキーID設定支援実施自治体」を利用

マイキーIDの取得はそこまで難しくありませんが、「自分でやるのは苦手」という人や、「対応するスマートフォンやICカードリーダーを持っていない」いう人もいるでしょう。

そんな人のために、自治体では「マイキーID設定支援コーナー」などを設けて、設定の支援を行っています。ただし、自治体によって支援の実施状況は異なります。マイナポイントのウェブサイトに実施の有無や担当窓口が記載されていますので、支援を受けたい場合は確認してみましょう。「マイキーID設定支援実施自治体」は、こちら(https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/flow/mykey-get/mykey-support/)から確認できます。

マイナポイントの使い方を確認して、早めに準備を進めよう

マイナポイントは、マイナンバーカードを利用して国が行う還元率25%のお得なポイント制度です。利用にはマイナンバーカードと、マイナンバーカードへのマイキーIDの設定が必要になります。マイナポイントの申し込みの期間になると、マイナンバーカードの発行に時間がかかることが予想されます。開始と同時に利用できるように早めに準備しておきましょう。

この記事を書いた人トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事