三宅香帆の記事一覧

1994(平成6)年生まれ。会社員の傍ら、文筆家・書評家として活動中。著書に『人生を狂わす名著50』(ライツ社)、『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(サンクチュアリ出版)、『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』(幻冬舎)がある。

Twitter:@m3_myk

ださい大人にならないための本

2019-11-26

私が思う「ださい大人」にならないために、「10年後の自分に持っていてほしい本」を選んだ

会社員の傍ら文筆家・書評家として活動する三宅香帆さんが「自分への投資になるお金の使い道」として、10年後の自分に持っていてほしい本をピックアップ。自身が考える「ださい大人」にならないよう、さまざまな視点で考えることをやめない「かっこいい大人」でいられるための5冊を紹介します。

1